=LOVE大谷映美里&髙松瞳 眩しい白ビキニ、性格の違う二人が交差する神の悪戯

アイドル 公開日:2019/03/08 14
この記事を
クリップ

今もっとも気になる美女をクローズアップする『Platinum FLASH Vol.9』(3月8日発売・光文社)に、=LOVEの大谷映美里髙松瞳の最新グラビアが登場している。

年齢、性格・・それぞれまったく違う女の子が、ふとしたことで巡り会い、惹かれていく・・・。「距離感」をテーマにしたグラビアで見事にその世界観を演じ切った。インタビューでは2人の意外な「人との距離感」を知ることができる。




―「距離感」をテーマにお話を聞きたいんですが、初対面の人と距離を詰めるのは得意ですか?

大谷 

私は、初対面の人のほうが得意です。知らないことがいっぱいあるから、聞きたいことや話題がたくさん出てくるじゃないですか。ただ、それが尽きたら…終わりです。

髙松 

知れば知るほどダメってこと?

大谷 

そうそう(笑)。でも、相性がよければ何も話さない時間すらも落ち着くし、逆にどんどん話題が出てくることもあるんですけどね。

―髙松さんはどうですか?

髙松 

私は、同じくらいの年齢のコと距離を縮めるのが苦手で。大人のほうが気楽に話せます。なんでなのかはよくわからないんですけど…。

―じゃあ、=LOVEのメンバーと仲よくなるのもたいへんだったのでは?

髙松 

たいへんでした。最初のうちは、なーたん(齊藤なぎさ)と(瀧脇)笙古としかLINEしたり話したりしてなくて。2人は、最終審査のグループが一緒だったんですよ。

ⓒ横山マサト、光文社



◆その他のグラビア・インタビューの全貌は「Platinum FLASH[プラチナフラッシュ] vol.9」でチェック!

この記事の画像一覧