吉本坂46、次作表題曲を歌うのは誰だ?!三つ巴ガチンコ対決勃発

アイドル 公開日:2019/03/07 22
この記事を
クリップ

3月6日(水)にSHOWROOMで放送された「吉本坂46特番配信」にて、2019年5月8日(水)に吉本坂46セカンドシングルのリリースが決定したことが発表された。

2018年12月にシングル『泣かせてくれよ』でデビューし、新人としては異例のオリコン初登場3位を記録した吉本坂46。デビューシングルではメンバーそれぞれのジャケットを起用した個人盤の売り上げ枚数を競い合ったが、セカンドシングルでは「選抜」「RED」「ビター&スイート、POP MONSTER連合による新ユニット」の3つのグループがそれぞれのジャケットのCDの売り上げを競い合うという。さらに、売り上げが一番多かったCD盤のグループは、サードシングルの表題曲を歌う権利を獲得する。





この前代未聞の発表に、放送に参加していたメンバーたちは歓声を上げハイタッチ。尾形貴弘(パンサー)は「選抜不利やん!REDは勢いあるんですよ!」とコメント。今回新たなユニットのメンバーとなった岩橋良昌(プラス・マイナス)は「下剋上じゃー!」と早くも闘志を露わにした。さらに番組MCとして吉本坂46をオーディション時からずっと見守っている東野幸治は「それぞれのユニットがライバルであり仲間でありチームなので頑張ってほしい。」とエールを送った。

さらに、セカンドシングル発売決定を記念し、デビュー前にメディア関係者だけに公開されていたそれぞれのユニット全5曲のオフショットバージョンのミュージックビデオが特別公開された。YouTubeではショートバージョンを、吉本坂46アプリではフルサイズを見ることができる。

CDの詳細や、各種イベントなどの日程は後日、吉本坂46の公式HPにて発表するとのこと。また、2019年3月31日(日)京都市勧業館みやこめっせにて開催される、デビューシングル「泣かせてくれよ」発売記念スペシャルイベントへの参加申し込みもまだ受付しているので、こちらも併せてチェックしたい。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ