日向坂46加藤史帆、グループのムードメーカーが魅せるオトナな表情にドキッ

アイドル 公開日:2019/03/04 14
この記事を
クリップ

「週刊プレイボーイ11号」(3月4日発売・集英社)では、日向坂46の”かとし”こと加藤史帆の最新グラビアが登場している。

「けやき坂46」から「日向坂46」に改名した彼女たちが織り成すグラビアストーリーを4週連続で掲載。その第一弾として加藤史帆が登場。現在、『CanCam』(小学館)の専属モデルとしても活動中。グループのムードメーカーとして、齊藤京子や佐々木久美らとともに”ハッピーオーラ”を放ち、親しみやすいキャラクターで人気だが、洋風の顔立ちの超美人フェイスは、ふとした表情に”ドキッ”とさせるオトナな魅力を秘めている。




グループ単体としてデビューシングル(タイトル未定)が3月27日(水)に発売され、3月6日には横浜アリーナで「デビューカウントダウンライブ」の開催が迫るなど、日向坂46旋風の新しい風はもう吹いている。

ⓒHIROKAZU/週刊プレイボーイ

この記事の画像一覧