SKE48菅原茉椰×野村実代、小畑優奈は“ずっと追いかける背中”

アイドル 公開日:2019/02/28 21
この記事を
クリップ


Q:バラエティ番組ということもあり、結構体を張った企画もたくさんありましたが、収録で印象的だった撮影や場面はありましたか?

野村:やっぱり“須田チャレ”のコーナーですね。いくつか企画があるんですが、全部強烈でした(笑)。メンバーが激辛のものを食べるシーンもあったんですが、私は食べない見守り隊だったのに、スタジオのにおいがすごくて、その空間にいるだけで涙目になってました。あれを食べていたメンバーは本当に頑張っていたと思います。

Q:あの回は体を張った強烈な企画が盛りだくさんでしたね。

野村:蟻も食べてるんですよ!蟻ですよ!蟻ご飯!
菅原:本当にその回に出なくて良かった…(笑)。
野村:見守り隊で本当に良かったと、あの時は心から思いました(笑)。

Q:あれは食用の蟻だったんですが、あのあと食べたメンバーは何か言っていましたか?

野村:うがいしたら、足が出てきたって言ってました(笑)
菅原:え?足?蟻の…?
野村:そうそう!ビジュアル的にも大丈夫なのか分からないですが、スタジオは独特なにおいが充満していて、いろいろすごかったんですが…。画面を通してだと楽しんで見てもらえると思います(笑)。
菅原:「あぁ。このあと、うがいしたら蟻の足が出てきたんだ。」って思って見てもらうと面白いかもしれないですね(笑)。

Q:泣いてるメンバーもいましたね。

野村:同期が頑張ってる姿を応援することしかできなかったですが(笑)。あとパンスト企画のシーンも印象的で。
菅原:パンストかぶってるの、誰だか全然分からない(笑)。
野村:しかも、あのパンストのシーンが予告編で使われて、名古屋駅で展開していた広告にも使われていたので、本当にいろいろ衝撃です。まさかあの映像が名古屋駅で流れるとは…。あそこまで体を張れるのはSKE48しかできないんじゃないかと(笑)。
菅原:正直、本当にすごいよね(笑)。

Q:番組の見どころはどういったところだと思いますか?

菅原:結構どの回を見ても、みんな体張ってます(笑)。SKE48って何事もガチでやる人たちが多いので、バラエティの方が個性が活かされると思います。恥ずかしい気持ちもあるけれど、画面に映りたくて、目立ちたいと思っている人も多いので、みんなが一生懸命体を張って取り組んでる姿は、特に見てもらえると嬉しいです。この番組はテロップとかも可愛いので、ちょっとした細かいところですけど、そういうところも見てもらいたいですね。

野村:やっぱり蟻ご飯!あれが携帯やテレビの画面にアップで映し出されると思うと、見ている人はびっくりするかもしれないですが、メンバーのリアクションは楽しんで見てもらえると思います。あと、惣田紗莉渚さんが番組のセットで置いてある小道具を使って、毎回ふざけて遊んでいたり、ドッキリにかけられる水野愛理さんもすごく可愛くて面白いので見てもらいたいです。水野さんは後輩の中でもバラエティ向きで、リアクションも含めて、彼女の面白さが引き立っていると思います。私は、「騙されていることにいつ気付くんだろう。」とワクワクしながら流れを見守ってました。

2/3ページ