つばきファクトリー メジャーデビュー2周年を迎え感慨、3年目に向けての抱負も

アイドル 公開日:2019/02/22 19
この記事を
クリップ
}/

ハロー!プロジェクト所属の9人組アイドルグループ“つばきファクトリー”が22日、東京・新木場STUDIO COASTで「ライブツアー2019 春・爛漫」をスタート。ライブ前に囲み取材に応じた。




この日、メジャーデビュー2周年を迎えたつばきファクトリーは、ここまでの感想を聞かれると、小野瑞歩は「私はあっという間だったなという気持ちがありまして、2月27日に5枚目のシングル(『三回目のデート神話/ふわり、恋時計』)を出させていただくんですけど、2年間の間でそんなにたくさんシングルを出せるとは思っていなかったので、それがすごく嬉しいです」と声を弾ませ、サブリーダーの小片リサは「このあと、2周年記念のスペシャルライブをやらせていただくんですが、今までたくさんの曲を出させていただいて、こうやってスペシャルライブができるほどの持ち曲が増えたことを、今日リハーサルをやっていて改めて実感しました」と感慨深げに語った。

さらに、新沼希空が「今までやりたいって言ったことを全部やらせていただいたんです。ツアーがやりたいと言ったらツアーもできるようになったし、今日オフィシャルブックも発売できたし、カフェもやりたいって言ったらカフェもできました」と満足気な表情を浮かべると、小片は「もちろん努力もあって、メンバーも頑張ってきたし、ファンの皆さんにたくさん応援をしていただけたからこそです!」と付け加え、感謝した。

また、3年目に向けての抱負を尋ねられると、秋山眞緒は「つばきファクトリー単独でホールコンサートをやってみたいなっていうのも1つの目標なので、もっともっと歌・ダンス・トークのレベルアップをして、その夢を叶えられるように頑張りたいなと思います」と目を輝かせ、小野は「今年中に叶えられるように頑張りたいと思います」と力を込めた。

さらに、グループのPRを求められると、岸本ゆめのが「つばきファクトリーは、一見お淑やかなグループなんですが、かっこいい曲もかわいい曲も歌いこなせて、誰が見ても人間が持っているどこかの好きには当てはまるグループだと思うので、どんな方からも愛していただけるグループだと思います」と胸を張り、リーダーの山岸理子は「私たちに1回会いに来ていただけたら私たちのよさを知っていただけると思うので、ぜひライブやイベントに来てください」とコメント。小野田紗栞は「9人いますので、1人は絶対にビビッとくる子がいると思うんです。だから、まず顔から入るのもいいんじゃないかなと思います。その中でも私がかわいいと思うので、まず私を見ていただいて、曲を好きになっていただくものいいかなと思います」と訴え、浅倉樹々は「こういうキャラがいるのも、つばきファクトリーの魅力の1つだと思うので、とにかく会いにきてほしいです」とお願いした。

2月27日に発売される新曲『三回目のデート神話』の内容を聞かれると、小野は「三回目のデートが重要って話があるみたいで、三回目のデートのときに女の子が告白されなかったらどうしようって不安や乙女心を描いた楽曲になっています」と紹介し、篠田麻里子が三回目のデートでプロポーズをされて結婚に至ったことを知らされると、浅倉は「すごい!曲と一緒ですね」と目を丸くし、小野は「ぜひ篠田さんにこの曲を聞いていただいて、デートのときの気持ちとかを思い出してもらえればなと思います」とアピールした。

この日、新曲を含む22曲を2時間に渡って披露し、ライブツアーをスタートさせたつばきファクトリーは今後、全17日程、16会場、33公演、約10000人動員予定のコンサートを展開する他、2月22日に1stオフィシャルブック発売、27日には最新シングル『三回目のデート神話/ふわり、恋時計』を発売、3月31日まで原宿・AREA-Q ANNEXにてカフェ『喫茶カメリア』をオープンする。

この記事の画像一覧