鉄道アイドル伊藤桃、8ヶ月間乗り続けて取材執筆した”小田急本”が話題

アイドル 公開日:2019/02/19 12
この記事を
クリップ

鉄道アイドル伊藤桃が8ヶ月間小田急電鉄に乗り続けて取材執筆した2019年の最重要鉄道本『鉄道アイドル伊藤桃 小田急全駅ものがたり』(シンコーミュージック)が、3月14日(木)に発売される。

伊藤は、2016年にはJR全線に完乗し、同年11月に著書「桃のふわり鉄道旅」を上梓。現在鉄道雑誌「新幹線EX」やヴィレッジヴァンガードWebサイトで連載担当。また趣味のカメラで「撮り鉄」として専門誌「フォトコン」連載中。2018年4月オリンパスギャラリーにて鉄道写真が掲載された他、テレビ出演多数と、鉄道アイドルとして大活躍中だ。




「小田急にのりすぎてふっと車窓をながめただけでどこにいるかわかるようになってしまった…笑[本人ツイッターより]」。

⼩⽥急全駅のマニアックな詳細、歴史、駅名の由来などの情報紹介、各地の変遷、周辺の渋い居酒屋、観光地、名所など、伊藤桃のアンテナがキャッチしたポイントを網羅。また、箱根、新松⽥、登⼾、江ノ島、相模⼤野、下北沢、向ヶ丘遊園、⼩⽥原etc.では伊藤桃のヴィジュアルと⼩⽥急電鉄の名所の⾵景がコラボレーション。さらに伊藤桃⾃⾝が厳選、実際に飲みに出かけてリサーチした40軒近くにのぼる「おひとりさま向けおすすめ居酒屋」紹介ページも充実した究極の”小田急本”の登場だ。


<帯書き>

小田急の魅力はロマンスカーだけじゃない。各駅停車の旅こそが醍醐味である。

岸田 繁(くるり)




 

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ