ももクロ、ラテンアレンジの効いた『愛を継ぐもの』ライブ映像公開

アイドル 公開日:2019/02/19 7
この記事を
クリップ

ももいろクローバーZが明日、2月20日に発売する『Momoclo Mania 2018 -Road to 2020-』から、大胆にも夏らしくラテン調にアレンジされた『愛を継ぐもの』のライブ映像をオフィシャルYouTubeで公開した。



昨年の8月4日、5日の2DAYS、千葉県ZOZOマリンスタジアムにて行われた『Momoclo Mania 2018 -Road to 2020-』。2日間で計65,039人のファンがスタジアムに集結した夏の超大型ライブだ。

今作は2017年に引き続き、「スポーツとの融合」がテーマとなっており、ステージ上にスケートボードやBMXのランプ、バスケットゴールが設置されていた。さらに、2020年の東京オリンピックより正式種目となるスケートボード、BMX、3×3バスケットボールに加え、ウィルチェアラグビー、ハーフマラソン、サムライ・ロック・オーケストラのパフォーマンス等ライブ中に様々なスポーツとのコラボレーションが披露された。

今回公開されたライブ映像『愛を継ぐもの』は、2日目のアンコール1曲目に披露されたもの。『Momoclo Mania 2018 -Road to 2020-』に合わせて夏らしいラテン調にアレンジされ披露された。『愛を継ぐもの』以外にもアレンジを加え披露している楽曲があるので、明日発売となるBlu-ray & DVDでチェックしよう。

現在、ももいろクローバーZは2019年5月17 日に5th ALBUM「MOMOIRO CLOVER Z」を3形態で発売することを発表している。今後のALBUMやライブに関しての追加情報は公式の発表を待とう。

この記事の画像一覧