STU48待望の2ndシングル発売日にリリイベ、船上劇場進捗も報告

アイドル 公開日:2019/02/14 16
この記事を
クリップ

2⽉13⽇(⽔)に約1年ぶりの2ndシングル『⾵を待つ』をリリースしたSTU48が、ラゾーナ川崎 ルーファ広場にて発売記念イベントを開催した。

2ndシングルの選抜メンバー16名が参加し、イベント途中では同⽇お昼に⾏われた春完成予定の船上劇場「STU48号」の船名プレートのペイント作業を、藤原あずさと⽮野帆夏が⾏い、 映像にて報告した。




『Overture』のBGMに合わせファンの声援とともにステージに登場したメンバー。1曲⽬は、 昨年から歌い続けてきた『夢⼒』。曲中のコール&レスポンスが3年⽬に⼊ろうとしているメンバーと、ファンの絆を感じる1曲⽬となった。  

パフォーマンス後はキャプテンの岡⽥奈々の第⼀声からスタート。瀧野由美⼦らメンバーからは、Twitter での“#⾵を待つ”のトレンド⼊りを⽬指す企画を説明した。 

 MCの後は、昨年リリースのメジャーデビュー曲『暗闇』、そしてAKB48 51stシングル『ジャーバージャ』 のカップリング曲『ペダルと⾞輪と来た道と』を2曲連続で披露。 

その後、STU48からのお知らせとして、ただいま改造⼯事中の船上劇場「STU48号」の進捗を伝えた。イベント同⽇のお昼頃に今春に完成予定の「STU48号」の船名プレートのペイント作業をメンバーの 藤原あずさと⽮野帆夏が⾏った様⼦を、映像で報告。完成が近づくSTU48号を⾒て、福⽥朱⾥は「本当に私たちの船がもうすぐ完成するんだなと思うと嬉しいですし、ファンの⽅にも早く⾒てほしいです!」と⾔い、 ⾨脇実優菜は「すごく楽しみです!春に完成予定なので…みなさん会いにきてくれますよね?」と会場に呼びかけると、ファンからは「⾏くよー!」と⼤きな声援が返ってきていた。 

イベント最後に披露されたのは、イベント当⽇リリースされた2ndシングルの表題曲『⾵を待つ』。今回初挑戦となった「コンテンポラリーダンス」が特徴の振り付けで、会場のファンを魅了した。多くのファンが盛り上がる中、ミニライブは終了。そのあとはメンバー全員でのファンとのハイタッチ会を実施し、イベントは終了となった。

イベント後に⾏われた囲み取材では、STU48キャプテンの岡⽥奈々は、「2nd シングルの発売が延期に なってしまったこともあったんですけど、こうしてたくさんの⽅々の前で歌えることをすごく幸せに思 いますし、この曲がもっともっとたくさんの⼈に愛される曲になるといいなと思います。」と話した。また、「STU48号の出航までに何がしたいですか?」という質問には、船底に落書きをした藤原あずさと⽮野帆夏のことを挙げ、岡⽥奈々は「2⼈が船に落書きをしていて、⾃分たちやファンのみなさんと、みんなで船を作り上げることが、今後何か⼀つできたら良いなと思います!」と答えた。 

©STU

この記事の画像一覧 (全 16件)