アプガ2年ぶりにタイ上陸「JAPAN EXPO THAILAND」でファンをパリピ化

アイドル 公開日:2019/01/26 10
この記事を
クリップ

アップアップガールズ(仮)が1月25日から、タイ・バンコクにて開催中のアジア最大級の日本文化の祭典「JAPAN EXPO THAILAND 2019」に登場。イベント初日のメインステージ「JAPAN EXPO THAILAND STAGE B」でパフォーマンスを見せた。

鮮やかなメンバーカラーの衣装で登場したアップアップガールズ(仮)は、サビの部分でタオルを振り回す『アップアップタイフーン』で全観客と一緒に会場を盛り上げ、メンバー全員がステージを所狭しと駆け回った。




新井愛瞳が「JAPANEXPO最高!」、関根梓が「インデー テー ダイ ルー ジャック カー!よろしくお願いします!」、古川小夏が「サヌック マイ カー!(盛り上がってますか?)、楽しんでますか!!」、森咲樹が「ディジャイ テー ダイ マー タイ マーク カー!(一緒に楽しんでいきましょう!)、タイに来れてとっても嬉しいです!」と、タイ語と日本語を交えて自己紹介と挨拶をした。

そして、佐保明梨の「それでは新曲を聴いて下さい!」という掛け声とともに、2月19日に発売されるトリプルA面シングルの中から『アゲノミクス!!』をバンコクで初歌唱。タイのアイドルファンも大きな歓声で応え、アップテンポな楽曲で楽しく踊るメンバーとともに会場の歓声は更に大きくなり熱量もぐんぐん上がる。

新曲後、新井愛瞳が「じゃんじゃんじゃんじゃん続けていきましょう!」と声をかけ、メンバー全員が仮サングラスを装着、佐保の「サーヌックマイカー!(盛り上がってますかー!)の掛け声とともに『パーリーピーポーエイリアン』がスタート。タイで人気のこの楽曲にファンの歓声もひと際大きな物に、EDMサウンドに身体を踊らせ、熱量も最高潮に達していた。続けて、新井のこぶしの効いた歌い出しから「せいや!せいや!せいや!」と一気にお祭りソングにチェンジする『上々ド根性』で観客を煽りまくった。

最後に、『ジャンパー!』を披露。メンバー全員がステージいっぱいに広がり、新井が花道jから「ジャンプ!」の掛け声をするとタイの観客もジャンプで応え、会場の熱量は最高潮に達した。

5曲を歌い終え、最後に森が「皆さんありがとうございました! コップンカー!」と叫び、大歓声に包まる中でアップアップガールズ(仮)の2年ぶりとなるタイでのライブを終えた。

ライブ後、森は「2年ぶりにタイでライブができて、そして5人体制でも帰ってくることができて、感謝の気持ちでいっぱいです。初めてアプガ(仮)のライブを見た人ばかりでしたが、手を上げたり、声を出したり、ジャンプをしたり、メンバーとタイのファンの皆さんで一緒に、一体感溢れるライブを作れたと思います。言葉は分からないかもしれないけど、音楽に国境はないと改めて感じたライブでした。

そして久々のタイを満喫しています!個人的にグリーンカレーが大好きなので、2日連続夜ご飯にグリーンカレーを食べることができて満足です。高所恐怖症の私ですが、マハナコンスカイウォークへ行って貴重な体験をしたり、どんどんタイが大好きになっています。今度は是非プライベートでも遊びに来たいです。」

アップアップガールズ(仮)は翌日も、室内外のメインステージでのライブパフォーマンスを披露予定。また、アップアップガールズ(仮)のメンバーは日中バンコク市内で「踊ってみた」などを撮影した。この模様はアップアップガールズ(仮)の公式YouTubeチャンネルで近日公開される予定なので、異国の地でメンバーが弾ける姿を楽しみにしていて欲しい。

この記事の画像一覧 (全 11件)