欅坂46菅井友香「日本馬術連盟表彰式」でプレゼンター、東京五輪へ思い新た

アイドル 公開日:2019/01/26 10
この記事を
クリップ
}/

「日本馬術連盟表彰式」が常陸宮妃華子さまご臨席のもと、都内のホテルで催され、”馬術スペシャルアンバサダー”である欅坂46のキャプテン 菅井友香が出席した。

同表彰式は、アジア大会および世界馬術選手権大会で活躍した選手やオーナーの表彰をはじめ、功労者、功労馬、また今年度最優秀選手、最優秀乗馬、内国産馬が表彰された。




菅井は、全日本選手権で優勝した、障害馬術・広田思乃、馬場馬術・林伸伍、総合馬術・弓良隆行、エンデュランス・荒井三冬に副賞を贈るプレゼンターとして大役を果たした。

また、「本日受賞されたみなさま、本当におめでとうございます。長年にわたって馬術を愛し、つづけてこられた大先輩のみなさまにこういった形で祝福のコメントをさせていただけて本当に光栄です。受賞された選手のみなさまおめでとうございます。約2年にわたってアンバサダーを務めさせていただいているのですが、応援してくださるみなさんに、”乗馬を始めたよ”とか、”ファンサイトを楽しみにしてるよ”などという声もいただけることが増えてきて、馬術をいろんなかたに興味を持っていただけてとっても嬉しいです。東京オリンピック・パラリンピックに向けて、馬術をもっともっとみなさまとともに盛り上げていけるよう、私も精一杯頑張って参りたいと思います。みなさまの益々のご活躍をお祈り申し上げます」と凛々しくも淑やかにあいさつした。

欅坂46きってのお嬢様として、馬術の普及、拡大に今後も貢献することだろう。

この記事の画像一覧