IZ*ONE 胸の前でハートをつくる”ライクミーダンス”が可愛い、日本デビュー曲MV公開

アイドル 公開日:2019/01/25 7
この記事を
クリップ
}/

2019年2月6日に、秋元康プロデュースで日本デビューする話題のグローバルガールズグループIZ*ONEのデビュー曲『好きと言わせたい』のMVが本日解禁された。

今作の監督は、乃木坂46『シンクロニシティ』や欅坂46『サイレントマジョリティー』など数々のMVを手掛ける池田一真氏で、撮影は12月中旬に千葉県内の屋外スペースで2日間にわたっておこなわれ、IZ*ONEにとって初めて日本で撮影されたMVとなる。



MVのテーマは「一方通行」。ダンスシーンのメンバーの足元に広がる色鮮やかに描かれた模様や、同じ方向に並べられた一方通行の標識が、”プライドが邪魔をして素直になれない””想いが加速してもう引き返せない”、そんな女性のもどかしさを表現した作品となっている。

IZ*ONEといえばダンスシーンも大きなみどころのひとつ。シチュエーションにあわせて、カラフルな模様の上で踊るシーンと、コートを着てポケットに手を入れながら踊るシーンの2パターンで構成されていて、サビで胸の前でハートをつくって想いを届けるようなしぐさをみせる”ライクミーダンス”が、クールな世界観の中で彼女たちの可愛さをひきたてている。バレンタインの季節にぴったりな『好きと言わせたい』、MVも要チェックだ。


[監督:池田一真氏コメント]

相手の気持ちがわからない不安な気持ちを隠すかのようにコートで武装しクールに振る舞う姿。でも心の中は爆発しそうな感情が迷路のように複雑に入り組んでいる。素直になれないもどかしさを2種類のダンスとビジュアルで表現しました。


©OFF THE RECORD

この記事の画像一覧

関連タグ