”先輩たちから猫かわいがり” けやき坂46唯一の3期生、上村ひなのにもうメロメロ

アイドル 公開日:2019/01/25 20
この記事を
クリップ
}/

いま最も輝いている美女をクローズアップするムック「PlatinumFLASH プラチナフラッシュ vol.8」(1月25日発売・光文社)では、けやき坂46 唯一の3期生上村ひなのが初表紙&ソログラビアで登場している。

けやき坂46(ひらがなけやき)にたった一人の3期生として加入し、”ひなのなの”というキュートなニックネームで、すでに先輩たちから猫かわいがりされている上村ひなの。超注目のルーキーが制服姿で、初々しい表情を見せた。




―最初に、オーディションを受けたきっかけを教えてください。

理由は、坂道グループが大好きだからです。小学生のころ、乃木坂46さんがテレビで『あの日 僕は咄嗟に嘘をついた』を歌うのを見て、すごくいい曲だなと思って、とくに西野(七瀬)さんのファンになって、どんどん坂道グループ全体が好きになっていきました。だから、坂道合同のオーディションがあると聞いて、まずセミナー(オーディションに先駆け、応募希望者に向けて開催)に参加しました。当日は、欅坂46の菅井友香さん、長濱ねるさん、守屋茜さんが活動内容などを話してくださいましたが、その姿がすごく輝いて見えたのを覚えています。それまでも握手会などに参加させていただいていて、もちろん素敵だなと思っていましたが、初めて〝先輩〟という目線で拝見して、本当にすごいな、こうなりたいなという思いが出てきました。


―オーディションでは、どんな自己PRをしましたか?

「赤い食べ物が好きで、自分の目が金魚の形をしているので、赤に縁があります」と言いました(笑)。とくに、赤が好きというわけではないのですが、好きな食べ物を考えていくと、全部赤色だなと気がついて。目は、小さいころから、母に「金魚の形に似ているね」と言われていて、チャームポイントになるのかなと思いました。


その他のグラビア・インタビューの全貌は「Platinum FLASH[プラチナフラッシュ] vol.8」でチェック!

クリックで購入へ

この記事の画像一覧

関連タグ