乃木坂46 4期生51ページ大特集「4番目の風になる!」

アイドル 公開日:2019/01/25 9
この記事を
クリップ

いま最も輝いている美女をクローズアップするムック「PlatinumFLASH プラチナフラッシュ vol.8」(1月25日発売・光文社)では、乃木坂46 4期生11人を表紙&51ページで大特集している。

昨年大々的に募集を行った坂道合同オーディションの難関をみごとにくぐり抜け、乃木坂46の4期生として合格した遠藤さくら、賀喜遥香、掛橋沙耶香、金川紗耶、北川悠理、柴田柚菜、清宮レイ、田村真佑、筒井あやめ、早川聖来、矢久保美緒の11人。昨年12月のお見立て会を経て「プラチナフラッシュ」に初登場だ。表紙を清宮、遠藤、金川が務め、西野七瀬卒業後の乃木坂46を担うフレッシュなメンバー全員をくまなく紹介。これで4期生対策は完璧だ。




―ここでは4期生の紹介をしていただきます。まずは遠藤さんから。

清宮 

すぐにまねをしてきます!

金川 

そうそう!地方出身のコのしゃべり方を(笑)。

清宮 

あと、語尾に「さー」ってつける。あれってなんなの?

遠藤 

あれは、学校の先輩が修学旅行で沖縄から帰ってきて、沖縄って「○○さー」とか「シーサー」って言うでしょ? そのまねなの。

―シーサーは違いますけど(笑)。

遠藤 

あ? でも、その言い方がかわいいからまねしているんです(笑)。

清宮 

性格的には、静かにしてそうに見えるけど、仲よくなるとめっちゃしゃべってくるよね。

遠藤 

初対面だと人見知りしちゃうけど、仲よくなると素が出るかも。


その他のグラビア・インタビューの全貌は「Platinum FLASH[プラチナフラッシュ] vol.8」でチェック!

クリックで購入へ

この記事の画像一覧 (全 4件)

関連タグ