SKE48北川綾巴「目の前に天使がいる」ドラ3大谷悠妃にメロメロ

アイドル 公開日:2019/01/20 12
この記事を
クリップ

SKE48北川綾巴が20日、自身のTwitterを更新、「目の前に天使がいる」と幸せを噛み締めている。

綾巴の前に舞い降りた”天使”とは、同じチームSで、昨秋昇格したばかりのドラフト3期生、”ゆうゆ”こと大谷悠妃 14歳のこと。20日幕張メッセで開催された「大握手会」のバックヤードでの1枚だろうか、まさに天使の微笑みで写真に収まる”ゆうゆ”に「ハートマークにLOVE」の文字が加えられている。




北川は「目の前に天使がいます👼幸せです。幸せです。」と天にも昇る気持ちでメロメロ状態。そのコメントと写真にファンも「ゆうゆはかわいいねえええええええ」「天使がいた😇」「これ見て幸せな気分になりました(=^▽^=)」「りょはたんありがとう!!!」「Sには天使が沢山(*´▽`)笑」「りょうちゃん、良かったね👍」「かわいすぎるる👏」「ほんまやん🎵間接幸せ😆🍀」などの絶賛コメントがある一方、「最近りょうはがDDになっとる」「るーちゃんが嫉妬してしまいます笑😂」「るーちゃんが嫉妬するよ笑ヽ( ̄▽ ̄)ノ」「るーちゃんが焼き餅焼きそうです😅」など、これまた同じチームSの井上瑠夏からの推し変?二股?をツッコまれていた。

20日23時30分〜の「SKE48♡1×1は1じゃないよ! 」(東海ラジオ)は、大谷担当全8回の初回放送となるので、気になったかたは是非チェックしてほしい。さらに21日からはSNSも開始と言うウワサ。握手会で「SNSよろしく! #かくさんきぼう」とアピールしたらしいので、お楽しみに。これからのSKE48新世代を担う、”ゆうゆ”から目が離せない。

この記事の画像一覧 (全 3件)