AKB48岡部麟ソロコン、小嶋陽菜サプライズ登場に固まる

アイドル 公開日:2019/01/18 21
この記事を
クリップ

AKB48メンバーの3名(村⼭彩希、⽮作萌夏、岡部麟)が、1⽉15⽇(⽕)から17⽇(⽊) にかけて、TOKYO DOME CITY HALLにて、それぞれソロコンサートを開催したが、トリを務めるのはチーム 8 茨城県代表・チーム A キャプテンの岡部麟

冒頭 4曲はタイトルにもある電話にちなんだ『恋のダイヤル 6700』などを披露。曲間の映像では会 場のファンの⽅を彼⽒役としてセリフを⾔わ(叫ば)せたり、MC でも客席と会話をしながら進 ⾏するなど岡部らしいアットホームな雰囲気でコンサートはスタート。




そして元トップリード の和賀勇介と『2 ⼈はデキテル』のデュエットや、⽣演奏をバックに⾃⾝が初選抜として思い⼊れの深い『11⽉のアンクレット』、セクシーな⾐装での『抱きしめられたら』など、多彩 な表情を惜しみなくファンへお届け。

アンコール明けに披露した『べりん(ハート)型ウイル ス』では、⼩嶋陽菜がサプライズで登場しどよめく会場よりも驚いた表情で固まる岡部。

「ソロコンサートおめでとう︕私もりんちゃんのことが好きみたい〜」という⼩嶋のセリフに⼤号泣し「なんでいるんですか〜︖」という岡部の問いに「お⼿紙を頼まれたんだけど、来た⽅が早いかなと思って(笑)」と相変わらずのこじはる節で会場を沸かせた。

「やっと選抜に選んでもらえるようになったけど、⼩嶋さんと⼀緒に選抜として踊れなかったのが悔しくて、でも今こうして⾃分のソロコンサートで⼀緒に⽴つことができて嬉しいです。」と感謝を述べた。 「AKB48が⼀番に輝けるように、私は絶対に貢献していきたいと思うし、ここで私は輝いて、 この AKB48で芸能界で頑張りたいと思います︕」「絶対⾃分の夢に向かって諦めない︕」と⼒強く決意表明をし幕を閉じた。

ⓒAKS

この記事の画像一覧 (全 10件)