【ロングレポート】矢作萌夏が美声轟かせた、AKB48研究生22人“伸びしろ”メンバーの躍動

アイドル 公開日:2019/01/14 29
この記事を
クリップ

1月の風物詩となったAKB48グループによるTOKYO DOME CITY HALLコンサートウィーク。13日、二日目の幕開けを担ったのは、AKB48の未来たる研究生たちによる単独公演。タイトルはズバリ「ゆくぞ!伸びしろ☆パラダイス」!

16期生(佐藤美波、道枝咲、播磨七海、本間麻衣。黒須遥香は不参加)、昨年1月に加入のドラフト3期生、そして昨年12月8日に昇格を果たしたばかりの山根涼羽、長友彩海、矢作萌夏大盛真歩、多田京加の5人を加えた22人のフレッシュな顔ぶれが、大舞台に挑む。

午前の早い時間ながら、2000人もの観衆が集結。開場前、「盛り上がる準備できていますか~!!フレッシュに頑張るので、新しい推しメンをぜひ見つけてください!!」という山根と長友の影ナレで場内にスイッチが入る。さて、これからのAKB48の未来たちは、どんな「伸びしろ」を見せてくれるのだろうか?




チャイムの音が鳴り響くと共に場内は暗転。

「研究生たちがトップアイドルを目指すためにレッスンに励む学校」を舞台に、研究生たちが様々な試練に挑戦するというコンセプトで進んでいく。

幕を開ける1曲目の『家出の夜』。矢作を中心に舞台上へ飛び出していく22人の若手たち。横一列に並び、これでもかとばかりの大らかな全力のダンスで場内沸かす。勢いのあまりフリが揃わない場面があったものの、それすら前向きに変えていく。曲が終盤に差し掛かった時、蔵本美結がピョンピョン!と勢いよく飛び跳ね、手をブンブンと客席へ愛嬌を振りまく姿に早くも心がホッコリ。

続くは『快速と動体視力』と、昨年夏まで開催されていた「レッツゴー研究生!」公演の軸を担った楽曲が続く。となると注目は16期メンバーに注がれる。山根、長友の振る舞いはさすがであったが、ここでは、スッと手足の先まで意識された滑らかなで美しい動きを見せた本間の姿に華を感じた。常に苦手としてきたパフォーマンスと向き合いもがき続けてきた先に見せた美しいダンスは、活動2年の結晶だ。

そして3曲目の『ウインクの銃弾』でさらに場内はヒートアップ。センターの佐藤美波はニコニコ笑顔のまま、ツインテールをブンブン振り乱すダイナミックなダンスで場内の盛り上がりを加速させる。さすが「16期生の太陽」。この1年の劇場公演、そしてPRODUSE48で培った勢いを見事そのまま形にした。キラキラを鏤めていく22人に向け、飛び交う大歓声、わずか開始3曲で場内の空気は最高潮を迎える。

MCが始まり、元気よく全員が「チーム研究生です!」と挨拶をした瞬間「コラコラァ!」の声。舞台袖から現れたのは、なんと野呂佳代!この日、野呂は先生役として、研究生たちを指導担当することに。野呂先生はメンバーたちに向け「修業して出直し!」と一言。ここで『LOVE修業』へなだれ込む。愛らしさの権化のようなものを振りまくも、野呂は物足りないのか「喝!! アイドルがなんたるかを理解していない!」とセンターの矢作へ一撃を叩きこむ。

…するとVTRが始まり、チーム4/STU48キャプテンの岡田奈々が映し出される。ここからは48の先輩たちがアイドルに必要な要素を研究生が持っているか!?を見極めるため、ユニットごとに試練を与えそれを実践していくことに。岡田から下された試練は「カワイイ」。ジャージに着替えたメンバーが登場し『君だけにChu! Chu! Chu!』を披露。佐藤美の醸す陽のオーラ、道枝の溌剌とした笑顔、最年少メンバー・末永祐月の初々しさ、ホンワカムードを漂わす古川夏凪とそれぞれの「カワイイ」を見せていく。個人的に注目したのが吉橋柚花。先月末に19歳を迎えたばかりの吉橋は、平均年齢14.7歳の中にいても埋もれない“純”な魅力を醸し出していた。

続いての試練を与える先輩は峯岸みなみ。彼女からの指令「表現力」で挑むは『LOVE TRIP』と『僕たちは戦わない』。『LOVE~』では山根、多田というダンス巧者はモチロン、佐藤詩識のクラシックバレエ仕込みの繊細な身のこなし、長友“魅せる”動きが光った。『僕は~』では、ステージを後方のバルコニーに移しての披露。センターの小林蘭はテクニック、表現力共に異次元のレベル。先輩メンバーも手放しで小林のパフォーマンスを称賛するのも納得であった。岡田梨奈も小林に比肩しうる、チームKイズムを感じさせるダイナミズムと熱さを随所に見せる。勝又彩央里、本田そらもタイトなダンスで彩る。テクニカルな面々に囲まれた中、研究生最小メンバー・石綿星南は体格差を感じさせない伸びやかな動きで、永野恵は凜とした表情で華を添えた。

峯岸の後を継いで登場したのは柏木由紀。彼女と来れば試練はモチロン「歌」。『言い訳Maybe』をなんとアカペラで披露することに!リードを務めるは矢作。さすが「AKB48グループ歌唱力No.1決定戦」2位の実力者、情感豊かな歌声が見事楽曲に命を与える。矢作と共にリードを務めた齋藤陽菜の伸びやかな高音、大竹ひとみの湿感タップリなテナーボイス、播磨の揺らぎのある優しい声が見事に溶け、上質なハーモニーを響かせた。

続く『365日の紙飛行機』。センター大盛の情感あふれるリードが素晴らしかった。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)