9nine 活動9周年、スぺシャルなZeppTOKYOライブ大成功

アイドル 公開日:2019/01/13 24
この記事を
クリップ
}/

パフォーマンスガールズユニットの9nineが、1月13日(日)に、Zepp TOKYOにて単独ライブ「9nine one man live 2019 beyond the Cloud9」を行った。

9nineは、2005年に結成し、2010年にメンバーの吉井香奈恵と村田寛奈が加入。ソニーミュージックよりメジャーデビューした。2019年となった今年は、メジャーデビュー9周年にあたり、9nineにとっては特別なライブとなった。




そんな今回のメモリアルライブのタイトルは、「beyond the Cloud9」。9nineがかねてより掲げるライブテーマ「Cloud9」(意味:最高の幸せ)を、さらに越えていくライブをしようという決意で名付けられたという。

ライブオープニングには、『Angel drops』をセレクト。その後も『White Wishes』、『Prism Drops & Falls』といった冬らしいナンバーを披露し、フロアを徐々に温めると、『With You/With Me』で会場のボルテージを一気に引き上げた。

MCを挟んで、『Cross Over』や『LOVE VAMPIRE』、『Just A 恋』など、根強い人気ナンバーを立て続けに披露すると会場は大盛り上がり。真冬のZeppTOKYOが熱気を帯びた。その後、ファン人気の高い『Brave』で客席に一体感が増すと、昨年10月にリリースした新曲『願いの花』では幻想的なステージに、ファンの目はステージに釘付けとなった。

9nineのライブでは恒例となった見せ場、メンバーによるダンスパートが始まると、客席から大きな歓声が上がった。今回のダンスパートは、メンバー個人の特徴を活かした構成となっており、メンバーの村田寛奈は個人として出演中の、公演で一言も言葉を発さない異色の舞台「ギア-GEAR-」で磨かれた表現力をいかんなく発揮するステージングを披露し、会場を沸かせた。

ライブラストでは、ノンストップで『SunSunSunrise』、『Evolution No.9』、『9nine o’clock』を披露し、会場は高揚感で包まれた。

アンコールでは、メンバーから4月6日(土)に中野サンプラザで単独ライブを開催することが発表された。活動9年目となる2019年、ますます大きな飛躍を誓う9nine。メンバーの村田寛奈は「みなさんと一緒に楽しい時間を過ごせるように、また色々なことをたくさん考えていきたい」と、次回ライブへの意気込みを語った。

そして、ライブのラストナンバーに選ばれたのは、9nineを代表する人気曲『SHINING☆STAR』。会場が「beyond the Cloud9」を体感したまま、ステージは幕を閉じていった。

結成14年、メジャーデビュー9年を迎える9nine。4月に開催される中野サンプラザライブで、ますます磨きがかかったパフォーマンスを見せてくれることだろう。

この記事の画像一覧

関連タグ