=LOVE プロデューサー指原莉乃の故郷、大分の ”新おみやげ” を開発

アイドル 公開日:2019/01/10 16
この記事を
クリップ

JR大分シティは、大分のすばらしさを伝えていく活動、「だって、大分LOVE」プロジェクトを行ってきた。

更に指原莉乃プロデュースのアイドル =LOVE(イコールラブ)を「だって、大分LOVE」キャンペーンキャラクターに起用し、『だって、大分LOVE「新」おみやげ開発Project』を始動する。




本プロジェクトでは、=LOVE(イコールラブ)がイチから大分県のおみやげを企画・開発。そして、その模様を全11回のYouTubeミニ番組として公式YouTubeチャンネルで公開する。その待望のエピソード1が1月10日(木)より公開予定だ。

 エピソード1では、リーダーである山本杏奈がJRおおいたシティから届いた手紙をメンバーの前で発表。大分名物・とり天やかぼすなど昔ながらのおみやげに加えて、新たなおみやげを開発することで、国内外にもっと大分の魅力を伝えたいというJRおおいたシティの願いから、=LOVEが大分の新しいおみやげ開発にチャレンジすることが伝えられる。

 「奇抜」、「新しい」、「目立つ」、「話題になる」ような、おみやげ開発を求められたメンバーは、次回エピソード2から企画会議を始めまる。 今後は、メンバーの自由な発想を意見交換する企画案会議の開催や、メンバーが実際に大分県を訪れ、特産物や魅力に直接触れながら新しいおみやげを開発していく。 また、今回企画したおみやげは商品化され、「アミュプラザおおいた」をはじめとした、大分県内の ショップで2019年3月頃に発売する予定。 おみやげの開発を通して、大分県の魅力を発信していく彼女たちがチャレンジする姿に期待してほしい。

関連タグ