HKT48フレッシュメンバーコンサートin博多座、指原莉乃ら先輩メンバーも観覧

アイドル 公開日:2019/01/08 28
この記事を
クリップ
}/

前回のフレッシュメンバーコンサート博多座上演から約1年半。平均年齢18歳・HKT48の若手メンバーで構成された<F24>が出演するコンサートが1月8日(火)、九州最大級の劇場・博多座にて開催された。




本公演は本日と明日の全2公演開催。 これまで、先頭に立ってチームを引っ張ってきた2期生の田島芽瑠朝長美桜は<F24>を卒業し、3期生の矢吹奈子はIZ*ONE専任活動中の為、不在。 新たに、昨年加入したドラフト3期生が加わった<新生F24>の公演には、完売御礼の2600名(1公演1300名)のファンが詰めかける予定。 なお、出演を予定していた宮﨑想乃は、インフルエンザの為、本公演を休演している。

 <F24>のはじまりは、2016年の夏のホールツアー期間中。高知県と鳥取県の会場で、指原莉乃宮脇咲良など中心メンバーが不在の中、若手メンバーのみで開催したコンサートが始まり。その開催から1年後の2017年の夏、同じ若手メンバーでライブイベントを4日間/計7公演を開催し、約3300名を動員。 満を持して、新たに<F24>をユニット名とし、同年9月、博多座にて初のコンサートを開催。それから1年半、再び<F24>が博多座のステージに登場した。 

開演前、早くも熱気が漂う中、定式幕の前に荒巻美咲豊永阿紀栗原紗英の3名が登場し、最前列中央の座席の「神席」プレゼント企画やメンバーとの記念撮影参加権などの大抽選会を行った。お手伝いとして5期生のメンバーも客席に登場するなど、前説でのサプライズ企画に、開演前から大変な賑わい に。

前説が終わり、劇場内が暗転すると「overture」が流れ、1曲目は、HKT48ファーストアルバム収録のF24の楽曲『ファンミーティング』からスタート。 冒頭のMCで田中美久は「まさか再びここ、博多座に立てるなんて本当に夢みたいです!ありがとうございます!」と喜びを爆発させ、村川緋杏は「この1年半、ファンの皆さんが私たちを応援してくださったおかげです」と一礼。松岡はなは、指原莉乃ら、先輩メンバーが観覧に来ていることに触れ「(本番前 に)さっしーさんに面白い話をしてって言われて、泣きそうになるぐらい考えたんですけど…やっぱりないです…」と弱気発言。

すると客席にいた指原から一発ギャグをリクエストされ披露するも、盛大に滑ってしまった松岡の苦しい表情に客席からは笑いが起こった。 続いてF24のメンバーがそれぞれ、ソロやセンターポジションを務める24曲メドレーをノンストップで披露。F24最年長・栗原の『国境のない時代』からス タートしたメドレーは、のびやかな歌声で客席を魅了した坂本愛玲菜や豊永をはじめ、宮脇のソロ曲『夢でKiss me !』を田中美久が、指原のソロ曲『それでも 好きだよ』を松岡はなが披露するなど、次々と変わる楽曲やメンバー、客席内に登場する演出に絶えず大歓声があがった。

大盛り上がりのメドレーの後は、HKT48恒例の「寸劇コーナー」へ。孫悟空には今村麻莉愛、猪八戒には松岡はな、沙悟浄には村川緋杏が配役され、「西遊記」のパロディ劇を行った。サプライズで登場した2期生の駒田京伽坂口理子冨吉明日香など、強烈なキャラクターが次々と登場する寸劇は明日へ続く。 

コンサート終盤では、今回、追加出演となった5期生が、HKT48のデビューシングル『スキ!スキ!スキップ!』や博多弁が盛り込まれた『君のことが好きやけん』を披露。初々しいパフォーマンスの後は『12秒』や『メロンジュース』など、HKT48のシングル曲でさらに会場の熱気を引き上げた。 

盛大なアンコールに迎えられたメンバーの手には、本日、体調不良で出演が叶わなかった宮﨑の名前入りタオルが。再び大きな歓声があがり、『桜、みんな で食べた』などアップテンポナンバーを続けて披露した。そして田中美久が「私たちの場所はもっともっと先にあります」と話し、一人ひとり、<F24 >の<F>にちなんで、新たに今後の決意を表明した。

今回、F24に新たに加入したドラフト3期生の渡部愛加里は「【Find 見つける】たくさんのファンの方々に見つけてもらえるように精一杯頑張ります。応援よろしくお願いします」と意気込み、田中美久は「【Finger 指】莉乃ちゃんの後を引き継いで、 HKT48を今よりももっと盛り上げていきたいと思います」と力強く宣言。中学3年生の今村は「【Forever 永遠】私がHKT48を永遠に続けさせていきます!」と 宣言し、一際大きな拍手が送られていた。 チームTIIキャプテンの山下エミリーは「私たちF24はこれからも、HKT48の次に繋げる懸け橋になりたいです」と挨拶。最後は『最高かよ』を披露し、大歓声に包まれながら博多座コンサート初日公演は幕を閉じた。 明日1月9日(水)も博多座にて公演を開催する。 

ⓒAKS