アプガ(プロレス)初単独ライブに感涙、新リングネームも発表

アイドル 公開日:2019/01/02 14
この記事を
クリップ

4人組アイドル&プロレスラーグループ、アップアップガールズ(プロレス)が、12月31日(月)に、東京・渋谷GARRETにて初の単独ライブ『アップアップガールズ(プロレス) プロレス女祭り』を開催した。ミウ、ヒカリ、ヒナノ、ラクのメンバー4人は、アイドルとしてライブ活動を行い、プロレスラーとして東京女子プロレスのリングで試合を行なっている。記念すべき初単独ライブでは彼女たちの持ち味を発揮すべく、熱いライブステージとプロレスのバトルの両方が繰り広げられた。ライブ中には、メンバーの新リングネームが発表され、2曲の新曲『アッパーチョップ!』『負けたくない』が初披露された。




満員の熱気あふれる会場に、アプガ(プロレス)のメンバーが登場すると、ミウが、「初の単独ライブ、今日は頭がおかしくなるくらいアッパーキック!していくぞ!」と雄叫びをあげ、オリジナル曲「アッパーキック!」でライブはスタート。メンバー4人の気迫に観客も強烈なパワーで応戦し、ライブは冒頭から異様な盛り上がりだ。早くも自己紹介の時点でラクは感涙。「人生を振り返って、2018年12月31日が、一番楽しかったと思えるライブをしていきたいです」とライブの意気込みを語った。

さてアプガ(プロレス)は、昨年8月のステージデビュー以来、『アッパーキック!』1曲だけで様々なライブを戦ってきたが、今回のライブで『アッパーキック!』の新バージョンが初見参。よりハードになった『アッパーキック!(Rock ver.)』をブチかまし、『アッパーキック!(HipHop ver.)』を“YO!YO!”と煽って観客を乗せていく。

ステージ上にマットが敷かれ、プロレスの時間に入る。スペシャルリングアナとして登場したのは、姉妹グループ、アップアップガールズ(2)の鍛治島彩。鍛治島によってアプガ(プロレス)の新リングネームがコールされたメンバーは、新衣装を身にまとい自身の入場曲を歌ってステージに登場する。

ヒナノは“ぴぴぴぴ ぴなの”となり、入場曲『上々独擅上』を歌唱。ラクはひらがなで“らく”となって、『マシュマロカカオステーション』を歌う。続いて、アップアップガールズ(偽)を名乗る大石真翔とハイパーミサヲが入場し、第一試合、『ぴぴぴぴ ぴなの&らく vs 大石真翔&ハイパーミサヲ』のタッグマッチのゴングが鳴った。小賢しい大石の攻撃に手を焼きながらも、ぴなのはエルボースマッシュ、らくは必殺技おやすみエクスプレスを繰り出す。だが最後は、大石のつば攻撃から、らくが丸め込まれてぴなの&らくは惜しくも敗戦。

第二試合は、ヒカリが“乃蒼ヒカリ”となって『ROCK BOTTOM』、ミウが“渡辺未詩”となって『チョコッとラブ ME ドゥー』を歌唱し入場。TOKYOプリンセス・オブ・プリンセス王座の山下実優と、中島翔子が登場し、第二試合の『渡辺未詩&乃蒼ヒカリ vs 山下実優&中島翔子』の一戦が行われた。冒頭から両軍入り乱れ、客席フロアでも戦いが展開。ヒカリがダメージを負い、渡辺はローンバトルを強いられてしまう。だが渡辺は、ボディスラムからバッティング式ダブル・スレッジ・ハンマーを2人にお見舞い。再び渡辺が劣勢になったところで、ヒカリがマットに戻りダブルで締め技を決める。さらにヒカリは、椅子の上からミサイルキックを放つ。しかし山下は、ヒカリにハイキックとバックスピンキックを連続でヒットさせ、チャンピオンらしく悠然と勝利をものにした。

試合を終えたあとはライブ後半戦に突入。アプガ(プロレス)が対バンライブに出演するときは、「アッパーキック!」だけを繰り返すのが基本スタイル。これまでは5回連続披露が最高記録だったが、初ワンマンで新衣装となった彼女たちは自己記録を更新する6回連続の「アッパーキック!」を投下する。同じ曲を何度も歌い続けることで、メンバーも観客もナゾの高揚感がどんどんアップ。メンバーのジャンプも天井に到達するほどの打点の高さを見せる。結果的には、会場はエネルギーたぎりまくりの灼熱空間となった。

そして最後は、これまた初お披露目となる『アッパーキック!(Bossa ver.)』をゆったりとしたアレンジで歌唱し、心地いいムードを作り上げてライブ本編は終了となった。

まだまだ熱さみなぎる観客は強烈なアンコールを送る。会場の声に応えてステージに戻ったアプガ(プロレス)は、遂に1年3ヶ月ぶりの新曲『アッパーチョップ!』を初披露。PandaBoYが作詞作曲、アップアップガールズ(仮)の古川小夏が振り付けを担当したこの曲は、アプガ(仮)の『アッパーカット!』、アプガ(プロレス)の『アッパーキック!』の系譜を継承し、さらにアップリフティングになったナンバー。サビの“チョップ!チョップ!”の連呼で観客は大ヒートアップとなった

汗だくのメンバーは、ここで初ワンマンの感想をメンバーが述べていく。

「みんなに新しいコスチュームを見てもらえて、新しい名前も公開できて、「アッパーチョップ!」も聴いてもらえて、ほんとに幸せな平成最後の大晦日でした!」(ぴぴぴぴ ぴなの)

「私は、正直アイドルをやるのが苦手で、新曲もダンスができるか不安だったんですけどなんとか踊れました。自分のわがまま聞いてもらってマットでプロレスまでできて、しかも私たちのためにこんなにたくさんの人が集まってくれてすごくうれしいです。これからもがんばります!」(乃蒼ヒカリ)

「まず、初披露の衣装いかがでしたか? 私は、最初に単独ライブをやると聞いたときは、こんなにたくさんの人が集まってくれると思わなかったので、最初の「アッパーキック!」のイントロの段階で泣いてしまいました。あと、念願のアプガ(プロレス)の「Overture」も作っていただけてうれしく。ほんとに、改めてアイドル目指してよかったなと思いました。何より、みなさんがいなかったら、今、私はアイドルとしてここにいることができてないので、ほんとに感謝しています!」(らく)

「私たちはアイドルとプロレスをやっていて、いろいろやってみたい夢はあったんですが、正直単独ライブができるとは思っていませんでした。10月に発表されてから不安もあったんです。私たちひとりひとりの個性が強くて、それぞれが夢も近い目標も持っています。そんな私たちが、ひとつになってこうしてライブを作ることができて、そしてみなさんと一緒に狂ったように盛り上がれてほんとにうれしいなと思います。2018年は、プロレスラーデビューに始まり初の単独ライブで終わりますが、2019年もよろしくお願いします!」(渡辺未詩)

メンバー4人がそれぞれの思いの丈を口にすると、観客から大きな拍手が送られた。

ラストは、らくが「私たちにとって、ほんとに大切な新しい1曲です。心を込めて歌います」と語り、michitomoが手がけたもうひとつの新曲『負けたくない』が初披露する。悔しさをバネに戦い続ける気持ちを歌ったキャッチーなロックチューンを、笑顔と元気さを爆発させて観客に届けライブはフィニッシュ。

ライブ本編は、バージョン違いはあれど実質『アッパーキック!』1曲のみで勝負したアプガ(プロレス)。アイドルとして歌とダンスに磨きをかけ、プロレスラーとしてファイティングスピリットとフィジカルを強化した彼女たち。新リングネーム、新曲2曲を得て、気分も一新。2019年のアプガ(プロレス)は、さらなる飛躍が期待できそうだ。

この記事の画像一覧 (全 84件)