西野七瀬 紅白で有終、”乃木坂46公式おにいちゃん”バナナマン駆け付けうるうる

アイドル 公開日:2018/12/31 16
この記事を
クリップ

31日、よる7時15分から「第69回紅白歌合戦」がNHKホールから生中継された。

4年連続4回目の出場となる乃木坂46は、西野七瀬がこの紅白が乃木坂46としてのテレビ最後の出演となる。総合司会の内村光良から「レコード大賞おめでとう!」と祝福を受けたメンバーはにっこり。ここで卒業する西野へ、両親からの手紙が広瀬すずから代読されると、はにかみながら聞き入り、「わーー。びっくりしました。両親には7年間助けられていたので…」と感激していると、桑子アナウンサーから「この取材を大阪まで行っていただいたのがこの方です」とバナナマンの2人だったことが伝えられると、「おにいちゃん!」と笑顔を見せた。




西野の最後のパフォーマンスの最中、ウラトーク席では、なんとバナナマンがサプライズ登場。今年ウラトークの担当であるサンドウィッチマンもびっくり。「いやあ、乃木坂46はちょっと観たいなと。西野がテレビ出るの最後だから、やっぱり見届けたいから」と、さすがの”公式おにいちゃん”ぶりを発揮。一生懸命歌っているメンバーに声援を贈ったが、最後のキメポーズのあとに気づいたメンバーは、ほんとうに驚いたようすで、なかには涙ぐむメンバーも。西野は「おにいちゃーん!!」とこちらも目を潤ませながら手を振った。設楽統は「乃木坂最高だったよ!」と力強いメッセージを贈り、西野の有終に花を添えた。