”紅白リハ” 欅坂46 小林由依がセンター「メンバーといっしょに平手の分まで頑張りたい」

アイドル 公開日:2018/12/29 13
この記事を
クリップ

31日に放送される第69回NHK紅白歌合戦のリハーサルが、29日よりNHKホールで始まった。

3年連続3回目の出場となる欅坂46は『ガラスを割れ!』を激しいパフォーマンスを交え熱唱、怪我で欠場する平手友梨奈に代わって、小林由依がセンターポジションを任された。「私だけじゃなくってメンバーといっしょに平手の分まで頑張りたいと思っていています。ずっと(センターは)平手でやってきたので、自分で大丈夫かなって気持ちはあるのですが、精一杯練習して本番で良いパフォーマンスができたらいいと思います」と話した。




土生は「ゆいぽんは普段からダンスも上手で、レッスンの時も見入ってしまうほどなので、本番も楽しみしてます」と期待を寄せた。

今年は16名で臨む紅白に「今できる最善のパフォーマンスをみせたい」と答えた菅井友香は、さらに「今年はいろんなピンチを乗り越えてきて、ひとりひとりが成長できた年でもあったので、その1年の成果を自信を持って出していきたいです」と意気込みを語った。