けやき坂46 齊藤京子、単独でのラジオレギュラー決定

アイドル 公開日:2018/12/28 8
この記事を
クリップ

欅坂46の後輩グループけやき坂46のメンバー齊藤京子が、2019年1月3日(木)の放送からMBSラジオ「イマドキッ」にレギュラー出演する事が決まった。けやき坂46のメンバーで単独のラジオレギュラーを持つのは初めて。





レギュラー決定の話を聞いた齊藤は、「これまでラジオのお仕事をやらせて頂いた際、楽しくて、いつかレギュラーをやらせて頂く機会があればな~と思っていました。このお話を聞いた時は、本当に嬉しかったです。現レギュラーの皆さんに早く打ち解けて、勉強させて頂きながら、自分のスキルも上げれるよう頑張りたいと思います。」と、喜びと意気込みを語った。

2018年のけやき坂46は、年始の日本武道館3DAYS公演から始まり、春から初の地上波レギュラー番組がスタート、初のアルバムリリース、東名阪ツアー、舞台に、そして初の海外パフォーマンス、そして先日2度目の武道館3DAYS公演を大成功させるなど、グループとしての急成長に目をみはるものがあり、武道館で始まり、武道館で締めくくった平成最後の年。

2019年のけやき坂46は、新メンバー3期生の上村ひなのも本格的に合流し、齊藤京子のラジオレギュラー出演決定は、グループにも大きな力となり、今年以上の活躍が期待出来ることは間違いない。