吉本坂46 聖地・噴水広場でパフォーマンス、乃木坂46松村沙友理も感激

アイドル 公開日:2018/12/26 8
この記事を
クリップ
}/

吉本坂46が2018年12月26日(水)に、デビューシングル『泣かせてくれよ』のリリースを記念して、池袋サンシャインシティにて初のライブパフォーマンス&ハイタッチ会を開催した。

大勢のファンが期待に胸を膨らませる会場に先陣を切って登場したのは、若手中心のダンス選抜“RED”。デビュー前にYouTube Japan ミュージックビデオチャート(12/7~12/13)にて8位を獲得するなど、話題の『君の唇を離さない』を初披露すると、会場からは大きな歓声が上がった。




続いて登場したのは“ビター&スイート”。ベテラン女性四天王がアイドルらしく、強力メンズを引き連れて『抱いてみるかい?』を初披露した。さらにその次にはカラフルな衣装を身にまとった三人組“POP MONSTER”が登場し、『やっとここまで』を初披露。

最後には満を持して選抜メンバーが登場。表題曲『泣かせてくれよ』を披露し、圧巻のパフォーマンスで会場を沸かせた。

ライブパフォーマンスを終えると、テレビ東京系にて放送中の「吉本坂46が売れるまでの全記録」でMCを務めている東野幸治松村沙友理(乃木坂46)、古川洋平がサプライズで登場。松村(乃木坂46)は、「もう最高でした!」とコメント。MC陣を交えたトークでデビューの喜びを皆で分かち合った。

最後に、選抜チームのリーダーを務める河本準一(次長課長)は、「吉本には6000人の芸人がいます、残りの人たちが本当に嫉妬するように、成長して、芸人とは違う姿を見せていけたらと思っています。応援よろしくお願いします!」と、大勢の観客を前に熱い思いを語った。

ライブの後はハイタッチ会を行い、アイドルらしいデビューを飾った吉本坂46。今後の躍進に注目だ。

photo by 林洋輔