NMB48渋谷凪咲、癒しと笑いが共存するトーク力

アイドル 公開日:2018/12/26 17
この記事を
クリップ

AKB48グループメンバーが出演するバラエティ番組「AKBINGO!」(日本テレビ)。12月26日の放送では、「ぶっちゃけベースボール」と題した暴露企画後半戦が行われ、NMB48渋谷凪咲がバラエティー能力の高さを見せた。




“変わっているかもしれない我が家のルール”というお題に対し、関西弁のやわらかな口調で切り出した「お母さんのおへその穴は絶対に触っちゃダメ!」というフレーズだけで、すでに癒されてしまった方もいるのではないだろうか。

渋谷が物心ついた頃から、おへそを触わると寝込んでしまうという渋谷のお母さん。そんなお母さんに家族全員でいたずらしておへそを触ろうとするのだという。まずは兄と父が男二人がかりでお母さんを羽交い絞めに。その隙に渋谷と姉がお母さんのおへそを狙うという作戦。家族の様子はありありと目に浮かび、想像しただけでも吹き出してしまう光景だが、そもそも母のへそを触る為にこんなに家族が一丸となることが、一般の家庭で果たしてあるだろうか?

さらに渋谷がもう一ネタそっとかぶせてくる。「(母の)二段腹がおへそを守るんです」と。

結局羽交い絞めにされた母が、最近買った大きいテレビに手をかけて「これぶち倒すぞ!!」と脅し、それはやめて欲しいという家族の総意でいたずらは収束するそうだ。母を散々いじめるも、最後は大事なテレビのために家族全員がひれ伏すという渋谷家のエピソードに、スタジオはほっこりするとともに大爆笑となった。

SNS上でも「おへその話やっぱりおもろいなぁ」「渋谷家ほっこり家族やん」「今日も笑わせてもらいました」「絶好調すぎてめっちゃ笑った」と、仲良しな渋谷家に対する感想や、渋谷のトークを楽しんだファンの様子がうかがえた。

R-1グランプリ三回戦進出経験もある渋谷。その話ぶりは、たたみかけるわけでもなく、高揚した様子でもない。おっとりした雰囲気は崩さずに、笑いの要所要所を確実に抑えてくる。天然なのか計算なのか、その両方なのか。その答えは分からないが、まわりの人たちを自然と笑顔にしてくれることは確かな事実だ。

写真:ⓒNMB48