吉本坂46 “アイドルの聖地”での初ステージが決定

アイドル 公開日:2018/12/21 19
この記事を
クリップ

吉本坂46が、2018年12月26日(水)に迎えるデビュー日に池袋サンシャインシティにてリリースイベントを行い、初のライブパフォーマンスを披露することが発表された。

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属タレント約6,000人の中からオーディションで選ばれた46人で結成された吉本坂46。

この日はデビューシングル『泣かせてくれよ』の発売を記念して、ミニライブとハイタッチ会が行われる。会場となる池袋サンシャインシティ アルパB1階 噴水広場は、“アイドルの聖地”として知られており、アイドルらしいデビュー日を迎えることとなった。

また、この日は吉本坂46として初めて、ファンの前でのライブパフォーマンスを行うこととなる。先日のFNS歌謡祭で初披露した表題曲『泣かせてくれよ』はもちろんのこと、すでにYouTubeにてMVが公開され、その格好良さがSNSで話題となっているダンス選抜ユニットREDの『君の唇を離さない』、そしてビター&スイートの『抱いてみるかい?』、POP MONSTERの『やっとここまで』も初披露することが予定されている。




さらに、2018年12月21日より、吉本坂46アプリが始動。アプリ開設記念第1弾として46人のメンバーと46のCDショップ合同企画「CDショップに行って、メンバースペシャルコメントにチェックイン!」が12月25日(火)よりスタートする。各店舗でアプリをチェックインすると、1店舗につき吉本坂46のメンバー1人からの合計46種類のメッセージを受け取ることができる。

アイドルとしての一歩を踏み出す吉本坂46の初ステージを目撃しよう。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)

関連タグ