アプガ(2)新曲ジャケット、全員ウエディングドレス姿で ”花嫁渋滞”

アイドル 公開日:2018/12/21 9
この記事を
クリップ
}/

、12月25日クリスマスには、楽曲提供に音楽家・総合エンターテインメントプロデューサーつんく♂氏を迎え、行っている3作連続のCDリリース第2弾シングルとなる両A面 5thシングル『かかって来なさい/OVER DRIVE』の発売を控えるアップアップガールズ(2)。


今年4月に行われた初のワンマンライブにて新メンバー中川千尋、佐々木ほのかの2名が加入した7人組アイドルグループだが、今年12月31日には長らくアプガ(2)の妹キャラとして親しまれてきた中沖凜の卒業を控えるということで、7人揃ったメンバーを直撃した。





―まずはつんく♂さんサウンドプロデュース第2弾楽曲収録の『かかって来なさい/OVER DRIVE』のリリース決定おめでとうございます。

メンバー一同:

ありがとうございます!


―楽曲もさることながら、ジャッケットのウエディングドレスと最高の笑顔にはびっくりしてしまいました。ちょっと早すぎるウエディングドレスを着てみた感じはいかがでしたか?

鍛治島彩

今19歳なんですけど、高校卒業してすぐに結婚する子とか出てくるのかな?って思っていたんですけど、誰よりも先に一番乗りでウエディングドレスを着ることになるとは思っても見ませんでした!

高萩千夏

今回ウエディングドレスを着るということでビックリしまして、まずは体作りからしなきゃとダイエットを頑張りました。みんな一番最初に母親に見せようと、フィッティングの時から着た瞬間に母親へ写真を送ってました。みんなは「キレイだね」って言われていましたが、私は「痩せて良かったね!」って言われました(笑)

中川千尋

私は中学2年生の14歳なんですけど、結婚するなんて25才とか26才くらいのイメージがあるので、本当に着るとしたら10年後くらい?まさかこんなに早く着ることになるとは思わなかったので「ちょっと大人になろっかな」と頑張りました。

吉川茉優

中学生2人が七五三みたいになっちゃわないかなって心配してましたが、めっちゃ似合ってて!意外と一番大人っぽかった!

鍛治島彩

ホント!トキメキました(笑)

吉川茉優

撮影はウエディングドレスのみんなで集合して撮ったんですが、ウエディングドレス姿の7人がギュッと集まってるのが凄いおもしろくて、花嫁渋滞が発生してるのが楽しかったです。

鍛治島彩

実際にあったら修羅場かもしれません(笑)

佐々木ほのか

ウエディングドレスって、シュッとしてモォ~となってるじゃないですか(体のシルエットを上からなぞりながら)。だからこのスカートに対してのここ(ウエストを指し示しつつ)が…

吉川茉優

ウエストね!

佐々木ほのか

そのウエストが、めちゃキュってされるんですよ。縛ってもらうんですけど、それがなんか…、ギリギリでした!

一同

(笑)

佐々木ほのか

なので、凄く細く見えたんじゃないかなって思います!

橋村理子

ウエディングドレスどころか、そもそもドレスを着たことが無かったので、今回ドレスを着れること自体が嬉しくて。アクセサリーをスタイリストさんと一緒に選んだり、髪型と合わせたりしているのが、本当に花嫁を早めに体験しているようで、しっかり予習できたんじゃないかと思います(笑)

中沖凛

あのベルあるじゃないですか。

一同

ベール(笑)

中沖凛

あ!ベール!あれを着けたんですが、花嫁ってこんな感じなんだなって、めっちゃ嬉しかったです。満足しちゃだめって言われるんですけど、満足しちゃったんですよ!


―「OVER DRIVE」はアプガ(2)らしい可愛さが印象的な青春ロックですが、「かかって来なさい」はエレクトロ・サウンドが印象的な大人っぽい曲調に仕上がっています。アプガ(2)としては珍しい曲調ですよね、難しさなどはありましたか?

高萩千夏

メンバーみんなレコーディングから苦戦していて、どういうふうに歌ったらいいのか想像できない。自分たちがこれを歌っている姿が想像できないっていう感じの曲だったので。みんなの声が合わさったらどうなるのかもわからないし。それでも優しく指導してもらって、音も合わせてもらって、完成したものを聞いたときはビックリしました!カッコ良すぎたので、ライブではCDとのとのギャップが出ないようにパフォーマンスを作っていかなくちゃというのが課題です。


―録音時やMV撮影時に印象的だったことや、心に残っている出来事なんかがありましたら教えてください。

中川千尋

撮影でウエディングドレス着た時に、花びらが舞っている中で撮影したんですけど、花びらの撒き方が凄くうまい人とかがいてびっくりしました。ホントに手でパッとやっただけでキレイにヒラヒラヒラ~って。

高萩千夏

ああいう素敵な作品作りには、いろんな方々のお力添えがあるんだなってつくづく感じました。

鍛治島彩

リップシーンを撮ったんですが、窓があって、ちょっと段差のある所での撮影だったんです。その足場がすっごい細くて。フラッフラだったんですよ!「かかって来なさい」らしくカッコいい表情しなきゃいけないんですけど、ヒヤヒヤでした!ヒールも脱ぎました!危うい花嫁です(笑)

吉川茉優

私も階段登るのが大変でした。集合した時には私だけヒールを脱いで背を合わせています(笑)

鍛治島彩

ヒール8センチくらいあったから、履いてたら180センチちかくになっちゃってたもんね!


―それにしても今年はアプガ(2)も激動でした。4月のサプライズ増員からのグループはどうでしたでしょうか。

橋村理子

私達5人は何も知らずにいたんですよ。でも2人は研修生だったので、会ったりする機会はあったんです。頑張ってる子たちだなって。それが単独終わってアンコール時の最後の挨拶で発表されて、達成感とビックリでそれぞれ色んな感情があったと思います。そこから7人として活動するまでは早くて、フォーメーションも取り入れて、私達からの印象も、ファンの皆さんからの印象も変わったと思います。今年の最後に7人としてのパフォーマンスが確立できたのは良かったと思います。


―また、中川千尋さん、佐々木ほのかさんはここまでの約8ヶ月間を振り返っていかがですか?

中川千尋

研修生として、(2)のみなさんを先輩として見ていて、今日も輝いてるな~って憧れていたんですが、サプライズ発表で自分たちが追加するってなってからは、「頑張って追いつこう!」って感じで、デビューまでの3ヶ月は必死で頑張りました。ダンスとかもしたことがない普通の中学生だったので。この8ヶ月では本当に普通の毎日が、キラキラした日々に変わったので、とにかく日々刺激的で楽しかったです。

佐々木ほのか

入った時は、すごい緊張してたんですよ!自己紹介でも(空手の)突きをやるのか、型をやるのかわからなくて、お客さんが型をやるのかと構えている中で、突きをやってしまって。恥ずかしかったけど、お客さんが笑ってくれて、安心しました。

入った当時は「おとなしくしとこう」って思ってたんですよ。


―ホントですか!?

一同

(笑)

佐々木ほのか

初お披露目までは静かにしとこうって思ってたんですよ!はしゃがないように、落ち着いた子っていう印象をもってもらおうと思って!それまでは毎日普通の子だったんです。当たり前の日々を過ごしてたんですが、突然東京に引っ越してきて、学校もチェンジして。(2)のメンバーとしては、どういう関係になるだろうって「上下関係厳しいのかな」とか心配してたけど、全然そんなことなくって!凄い優しくてみんなでタピオカ食べに行ったりしたんですよ!それで思い出したんですが、研修生の時も、ダンスレッスンで(2)のみんなにあった時「写真とらせてください!」って言ったら、すごい笑顔で「あ!いいですよ~!」って言ってくださったのが凄い嬉しかったんです。

一同

覚えてる!!自販機のとこで凜が撮ったやつだ!

佐々木ほのか

ちょこちょこっとはブログに上げてるんですけど、顔とかも全然お化粧していない時の写真なんですけど。

鍛治島彩

そんなの載せないで!(笑)あれ2人が入る前だっけ?

一同

前!前!

佐々木ほのか

そう。入る前だったのに「いいよ!」とか言ってくださって、前からみんな優しかったこと思い出して、凄いホントに心が温まりました。

高萩千夏

先輩優しいねっ!

鍛治島彩

そういうこと言うから勘違いされるんだよ!

一同:

(笑)


―アプガ(2)としては今年、アイドル横丁やTIFといった大型フェス出演も話題になりました。実際にフェスへの参加でチームに新しい風などは吹きましたか?

高萩千夏

やっぱり見に来てくれる人が増えたと思います。去年は本当に自分たちをアピールするのが精一杯だったんですが、今年はフェスやライブを私達も楽しむことが出来ました。でもここで、満足しちゃいけないなと思って!さらに大きいステージに立てるよう頑張りたいです。


―今年はアイドルグループの解散やメンバー脱退というニュースが多く飛び込んできて、もう無いだろうと思っていた頃に中沖凜さんの卒業発表です。中沖さん、今年を振り返っていかがでしたでしょうか。是非今年1年を振り返った「今年の漢字1文字」を教えてください。

中沖

「愛」ですね!こんなに愛を沢山いただいて凄く嬉しかったんです。メンバーからも愛をいっぱいもらったし、こうやっていじってくれたりするのも「愛」なんです。相手にしてくれっていうのが凄く嬉しくて!ファンの方からも沢山の愛を頂いて、今年はすごく愛をもらったし、私的にも愛を沢山返せたのかなと思っています。


―今年1年でメンバー構成が大きく変わりニューシングル、そして来年の活動に繋がります。来年は新体制も2期目です。アプガ(2)としてどんな1年にしていきたいですか?豊富などあれば

鍛治島彩

新体制になればいろいろ変わるとも思うんですが、今まで積み上げてきたものはなくならないので、初心を忘れずに積み上げてきたものを爆発させる勢いで頑張りたいです

吉川茉優

1年目はホントに手探りで、広めよう知ってもらおうっていうだけで、2年目は体制が大きく変わって、私達も戸惑ったし試練の年だったかなと思います。3年目は「(2)はこういうものだ!」と新年一発目からドーンと行けたらと思っています。


―それでは最後になりますが、『かかって来なさい/OVER DRIVE』の魅力や楽しみ方を教えてください。

鍛治島彩

「かかって来なさい」はパフォーマンスがまだまだな部分もあるんですけど、7人体制で初めて挑んだフォーメーションが魅力です。

高萩千夏

そうですね。7人になって初のフォーメーション。今回のダンスはかなりキレイなので見てほしいです。歌も1人ずつ増えていく箇所があるんですが、それがダンスとマッチしてて、多分初めて見る人は「おぉー!!」って見てくれると思います。この驚きを毎回毎回更新できるようなパフォーマンスを心がけたいです。

吉川茉優

「OVER DRIVE」は新メンバーがそれぞれソロパートをもらって挑む場面があるので、ファンの方的にはそこが魅力になると思います。自分の推しを応援できるポイントなので。なによりライブで盛り上がる楽曲だなって思いますし、7人になってようやく手に入れることが出来た形なのかなと思っています。

橋村理子

ありがたいことに5作全て両A面で素敵な曲を頂いて、今回も両極端な違うタイプの作品です。MVも公開されていますが「こういう一面もあるんだ!」「こういう曲も歌えるんだ!」ってみなさんにも知って頂きたいし、ファンの皆さんにも(2)を楽しんで頂きたいです。

この記事の画像一覧