乃木坂46川後陽菜、涙のラストステージ「たくさんの愛をありがとう」

アイドル 公開日:2018/12/21 8
この記事を
クリップ

2018年12月20日(木)、東京・武蔵野の森総合スポ―ツプラザメインアリーナにて、「乃木坂46 アンダーライブ 2018~関東シリーズ~」が開催された。2018年12月19日(水)・20日(木)と2days開催され、計2万人を動員。チケットは即日SOLD OUT。

20

14年から毎年開催されている乃木坂46 アンダーライブも今年で5年目。開催当初はライブハウス規模で1,000人ほどの動員数だったアンダーライブも年々動員数を増し、2018年は5月から中部シリーズ6daysがスタート、10月には北海道シリーズ4daysを開催。今回の関東シリーズの会場である武蔵野の森 総合スポーツプラザ メインホールは、単独公演の会場規模として、2015年・2016年に開催した日本武道館での単独公演同様の最大規模となり、2018年の動員数は合計で48,000人となった。

そんな2018年12月20日(木)は、乃木坂46グループを卒業する川後陽菜の最後のステージ。1万人のお客さんが彼女の乃木坂46としての最後のステージを見届けようと会場に集まった。

Overtureからライブがスタート。会場はカラフルな色のペンライトで染まった。乃木坂46アンダーメンバーが登場し、1曲目に披露されたのは7thシングル『バレッタ』に収録されたアンダー楽曲『初恋の人を今でも』。既に1曲目から目に涙を浮かべるメンバーの姿も見られ、このアンダーライブに掛ける思いが感じられる。この楽曲では2期生の北野日奈子がセンターを務めた。

「アンダーライブへようこそ!最後まで楽しんでいってねー!」と北野が会場に語り掛けると大きな声援に包まれ、『転がった鐘を鳴らせ!』・『My rule』・『ブランコ』の3曲では、客席に近い花道にメンバーが登場し、更に盛り上がりを見せる。ユニット曲ではそれぞれが見事に力を発揮し、会場は魅了されていった。

中盤ではアンダーライブのセンターを務める北野日奈子のVTRが流れ、ダンスが苦手だったという彼女のセンターとしての思いが語られた。VTR明けでは、センターステージにて北野のダンスパフォーマンスが行われ、照明の光とリンクしたダンスパフォーマンスは、VTRで「ダンスが苦手」と語った本人とは思えないほど、堂々としたパフォーマンスに思わず息を呑んだ。

乃木坂46ではお馴染みのヒットナンバー『制服のマネキン』・『インフルエンサ―』を披露し、会場の盛り上がりは最高潮に。先日発売された22ndシングル『帰り道は遠回りしたくなる』に収録された楽曲『日常』で本編が終了した。

アンコールでは、今回をもってグループを卒業するから、「乃木坂に入ってたくさんの思い出があります。成長させてくれたのはアンダーライブでした。1回目のアンダーライブから今日まで全ての公演に出演してきました。自分に誇れるものは乃木坂のメンバーで1番ライブをやってきたこと。始まった当初からは想像できなかった、こんなに素敵な景色が見れて悔いはないです。私のことをたくさん応援してくれたファンの皆さんが、今日まで私をアイドルにしてくれました。見ていた夢をいつもファンの方と叶えてきました。たくさんいる中で、アイドルの乃木坂46川後陽菜を見つけてくれてありがとう。私がここまでこられたのは、最初は反対していたけれど家族だったり、友達、スタッフ、ずっと一緒に戦ってきたメンバー、ファンの皆さん全ての人のお陰です。たくさんの愛をありがとうございました。」と、涙で言葉を詰まらせながらも手紙を読み上げられた。

アンコールの最後は『ハルジオンが咲く頃』。川後陽菜がグループ卒業最後にセンターを務め、会場は川後コールが響き、白と黄色のペンライトでいっぱいに。川後の卒業にメンバーたちは涙しながらも笑顔を浮かべ、川後に寄り添いながら歌唱する姿は、アンダーメンバーの絆を感じられた。

「7年間本当にありがとうございました!乃木坂46になれて、アイドルになれて幸せでした!」と川後の言葉に、この公演でセンターを務めた北野からは、「川後さんの未来が輝かしいものであるように願っています!」と、これからの川後へエールが贈られた。川後以外のメンバーがステージから降りると、川後は1人会場を駆け回りながら会場に集まったファンに向けて、「私を幸せにしてくれて本当にありがとうございました!」と感謝の言葉を述べ、ステージを立ち去った。

2014年から毎年開催され、動員数を伸ばしてきたアンダーライブ。この公演が彼女たちの背中を更に押してくれたであろう。乃木坂46アンダーメンバーの勢いは、まだまだ止まることを知らない。

この記事の画像一覧 (全 18件)