NGT48西村菜那子、溢れだす”駅伝愛”に増田明美も「私の座があぶない」

アイドル 公開日:2018/12/19 7
この記事を
クリップ

新潟県を拠点とする AKB48 の姉妹グループ・NGT48 のメンバー・⻄村菜那⼦(にしむら ななこ/チ ーム NIII 所属)が、12 ⽉ 30 ⽇(⽇)にフジテレビ系列で全国放送される「2018 富⼠⼭⼥⼦駅伝」の事前番組『号砲まであと4時間!富⼠⼭⼥⼦駅伝〜ボクらの襷の時代〜』に出演するとともに、⼤会の中継では副⾳声『駅伝に詳しすぎるアイドルの情熱ウラ話!by NGT48』を担当することが決定した。 

“駅伝に詳しすぎるアイドル“としての活動が評価され、先⽇、12 ⽉ 30 ⽇(⽇)に開催される「富⼠⼭⼥⼦駅伝」の番組公式アイドルに就任した⻄村菜那⼦。




⼤会当⽇の朝に放送される事前番組に参加するこ とは発表されていたが、この度、その収録が⾏われた。 事前番組のタイトルは「号砲まであと4時間!富⼠⼭⼥⼦駅伝〜ボクらの襷の時代〜」。

同じくフジテレ ビの番組である「ボクらの時代」をモチーフに、⼤会の解説を務める増⽥明美、“駅伝おばさん”と⾃称し⼤会の現地レポートも務める⻄⼭喜久恵フジテレビアナウンサーとともに、駅伝の魅⼒や富⼠⼭⼥⼦駅 伝の⾒どころを伝える番組。 収録では、⻄村が普段記録会などに⾜を運ぶなどし書きためている駅伝ノートを披露する場⾯も。ノートには細かく分析されたデータだけでなく⾃⾝で妄想した選⼿構成やレース展開なども記載されていて、 その詳細さとマニアックぶりに、全国で陸上の取材活動をされている⻄⼭アナウンサーも感⼼し、増⽥は「私の座があぶなくなっている?」とおどけて⾒せて、⻄村は「とんでもないです!」と恐縮していた。 

他にも、3 ⼈がそれぞれ取材などを通して⼿に⼊れた駅伝に関する情報交換をしたり、「富⼠⼭⼥⼦駅伝」 に出場する各⼤学の戦⼒分析や注⽬選⼿についても深く語られ、熱い駅伝トークが繰り広げられる終始賑 やかな収録となりました。語り⾜りなかったのか、収録終了後も 3 ⼈の駅伝トークはとまらずに続いていた。 


<⻄村菜那子コメント(事前番組収録を終えて)>

(事前番組の収録は)好きな駅伝のことをおもいっきり話せるということで少し空回りしてしまったところもありましたが、増田さんと⻄山アナウンサーに助けていただきながら、番組収録ということを忘れてしまうくらい楽しく収録することができました。そして、ありがたいことに番組公式応援アイドルとして、大会本番では副音声を担当させていただけることになりました。嬉しいを通り越して、恐れ多い気持ちでいっぱいです。番組を盛り上げられるよう、選手の皆さんと同じくしっかり準備して本番に臨みたいと思います。静岡県出身の真下ちゃんと一緒にNGT48 として、富士山女子駅伝に携われる喜びを思いっきりぶつけて実況したいと思います。事前番組と大会の中継、どちらの番組も、駅伝ファンの方はもちろん、そうでない方も、ひとりでも多くの方にご覧いただきたいです。よろしくお願い致します。


ⓒAKS

この記事の画像一覧 (全 5件)