けやき坂46 凄まじい勢いで成長、初の海外パフォーマンス

アイドル 公開日:2018/12/11 6
この記事を
クリップ

欅坂46の妹分的グループけやき坂46(ひらがなけやきざかフォーティーシックス)が2018年12月10日、韓国の東大門デザインプラザ(DDP)にて開催された”2018 MAMA PREMIRE in KOREA”に出演した。

「Mnet Asian Music Awards(MAMA)」は今年で10回目を迎えるCJ ENM 主催のアジア最大級の音楽授賞式であり、1999年に「Mnet KM MUSIC Festival(MKMF)」として スタートし、今年は韓国、日本、香港の3カ国で開催され、アジア各国のアーティストが集結。けやき坂46はその中で、「Best New Asian Artist Japan」を受賞。欅坂46グループとしても初の海外でのパフォーマンスとなった。




2018年6月にリリースしたデビューアルバム『走り出す瞬間』のリード曲『期待していない自分』を披露。けやき坂46は2018年日本武道館公演3daysを皮切りに、地上波レギュラー番組のスタート、デビューアルバムのリリース、東名阪ツアー、初主演舞台、単独でのCMタイアップなど、凄まじい勢いで成長を続け、欅坂46の妹的な立ち位置から、ひとつのグループとしての立ち位置を確立させつつある。

この日、1曲のパフォーマンスの中にこの1年の成長が詰め込まれた熱いパフォーマンスを披露した。そして明日からは2018年の締めくくりとも言うべき日本武道館3days公演を控えているけやき坂46。来年からは本格的に三期生の上村ひなのも合流し、さらなるパワーアップをするであろう彼女たちからますます目が離せない。

この記事の画像一覧 (全 4件)