山本彩の”忘れられない一日”、 東由樹 ”ゆきつんカメラ” が感動切り撮る

アイドル 公開日:2018/11/28 12
この記事を
クリップ
}/

いま最も輝いている美女をクローズアップするムック「PlatinumFLASH プラチナフラッシュ vol.7」(11月26日発売・光文社)では、11月4日にNMB48を卒業した山本彩の10.27大阪・万博記念公園での卒業コンサートの秘蔵カットが登場している。

この写真は、「山本彩 NMB48卒業記念 公式メモリアルブック」でも写真が掲載されたメンバーの東由樹が撮影。ファンの間では”ゆきつんカメラ”と呼ばれ、メンバーのさまざまな場面を表情豊かに撮り集めている。今回は”さや姉”最後の”忘れられない”勇姿を撮り残すべくファインダーを覗いた。




その舞台は、冒頭から感動的だった。聞き慣れた『overture』のあと、白のドレスをまとったさや姉が登場。これまで卒業時に白を選んだのは前田敦子と、高橋みなみだと聞き「白にしようと思った」という衣装が、よりエモーショナルな時を演出していた。

最初に選んだ曲はNMB48初のオリジナル公演のために書き下ろされた、『初めての星』。さや姉のソロから始まり、徐々にNMB48のメンバー全員が勢揃い。そこから一気にライブのテンションが上がっていった。デビュー曲『絶滅黒髪少女』から、ソロ曲『ジャングルジム』まで、「この8年にすべてを捧げて生きてきた」という魂の集大成を感じた。

その他のグラビア・レポートの全貌は「Platinum FLASH[プラチナフラッシュ] vol.7」でチェック!

クリックで購入へ

この記事の画像一覧