山本彩が卒業、NMB48の8年間振り返り「100点満点で1億点です(笑)」

アイドル 公開日:2018/11/04 10
この記事を
クリップ
}/

4日をもってNMB48を卒業した山本彩が、卒業公演終了後に囲み取材に応じた。

現役メンバーの証として劇場に飾られている壁掛け写真を自らの手で外し、NMB48としての8年間に終止符を打った。




―まず卒業をした率直な気持ちは?

本当にやりきったという気持ちはあるんですけど、正直やっぱりずっと通い続けてきた場所なので、もうここに来ないというのはまだあまり実感がないです。

―卒業公演は涙を見せるシーンもあったが、笑顔でやりきっていましたね

ここに立つのも最後だなとかメンバーと歌うのも最後だなとかいろんなことを考えながらステージに立っていました。歌っている曲が今の自分に重なるところもあるので、自然と涙が出ました。

―今後ソロで活動することになりますが、今の夢は?

まずはシングルを発売して、ひとつずつライブを重ねていきたいですね。いま一番考えている目標は、ソロでアリーナでライブをやることです。

―卒業発表をしてからの3ヶ月は忙しかったと思いますが、いまやりたいことは?

これまで結構制限をしていたので、ご飯を我慢しないで食べたいです。

―昨日は眠れましたか?

眠れなかったですね。今日なにを話そうとか公演の確認とか、自然に睡魔も来なかったこともあって。寝るには寝たんですけど、6時くらいに寝て8時くらいに起きました」。

―卒業公演は普通の公演のようでしたが意識はしていましたか?

区切りではありますけど、ここが終わりではないので、いい意味でいつも通りにやって、それを最後の姿として観てもらいました。

―アイドルを卒業したことで恋愛も解禁になります

いますぐに考えられないですね。ファンの方にも握手会とかで「いい人見つけてね」とか言われますけど、申し訳ないですけど、期待しないでほしいです(笑)。

―この8年間で一番よかったことは?

いっぱいありますけど、8年間もキャプテンをやらしてもらって、グループを背負わせてもらって、本当に自分にとっても、人生も人間性を変えさせてもらったので、そういう意味ではグループに感謝しています。

―これまで自分のパフォーマンスを維持するためにやってきたことは?

みんなが見て説得力のあるパフォーマンスをしないと、キャプテンだったりとかセンターを務めたときに連て来てもらえないと思ったので、その気持ちがあって頑張ろうと思ったことと、あとは努力だと思います。筋トレとかはあまりやらないで自分に甘いタイプでしたけど、食事制限とかはして、衣装はスッキリ入るようには意識していました。体は軽い方がいいので、ご飯を寝る前に食べないとかそういうことをしていました。

―この8年を振り返ってみると100点満点で何点ですか?

100点満点で1億点です(笑) 引き続きNMB48をよろしくお願いします。

この記事の画像一覧

関連タグ