AKB48小嶋真子「ぱちんこAKB48ー3」の衣装にご立腹、加藤玲奈は魔法少女なのに…

アイドル 公開日:2018/11/01 12
この記事を
クリップ

『ぱちんこAKB48』シリーズの第3弾『ぱちんこAKB48ー3 誇りの丘』が、2018年12月17日より、全国のパチンコホールに導入することが発表された。導入にさきがけ、都内で機種発表会が行われ、AKB48の加藤玲奈小嶋真子が出席した。

 本機種は、AKB48グループの中から選抜された100人が登場。最新技術や驚きの演出を多数盛り込み、パチンコを楽しみながらAKB48グループのコンサートを楽しんでいるかのような体験ができるファンにとってたまらない機種になっている。

加藤玲奈は「100人それぞれ違う衣装で撮影しまして、いろんな人の衣装を見れて楽しかったです」とコメント。小嶋真子は、「この撮影で100人という規模に驚きました。とんでもない迫力で、100人が一気に集結して、ひとつの場所で撮影をしたので、本当にすごかったです」と圧巻だった撮影エピソードを話した。




どんな衣装を着ているのか加藤に聞いてみると「私は魔法少女風の衣装を着ています。可愛らしかったですね」と喜ぶと、小嶋は納得のいかない表情。「私はロボットの衣装なんですよ。玲奈ちゃんみたいに可愛い衣装の子もいれば、私みたいに何?みたいな子もいます。衣裳部屋にたくさん並んでいるところに真子って書いてあるのを選んだらロボットでした。撮影したときは、まだ若かったのであまり気にならなかったんですけど、いま見ると恥ずかしすぎですよ」とご立腹の様子。さらに続けて、「これってポスターとかCMでも放送されるじゃないですか。このままいくと全国にロボットの姿を見られてしまうんですよね」とクレーム。「踊るのも大変でしたし、座りもできないし、トイレも行けないし、ご飯を食べるのも大変だし、本当に大変でしたよ」と怒りが収まらないようだった。

しかし小嶋ロボットを超えるすごい衣装を着ているメンバーもいるといい、「峯岸さん(峯岸みなみ)は宇宙人みたいな衣装で、峯岸さんも私と同じくくりになっていましたね」と小嶋が話すと、加藤は「卒業メンバーですけど、島田さん(島田晴香)はハンバーガーの着ぐるみを着たり、茂木忍さんは棺を担いでいました」と明かした。

加藤は、「見るだけでもすごい迫力がありまして、すごい楽しいので、ぜひぜひたくさんの方にやっていただけたらと思います」。小嶋は、「本当に迫力があってすごいんですよ。パチンコを打った瞬間に空間がダイナミックになって、とにかくすごいので体感するべきですし、わたしのロボットもこれが最初で最後だと思うので、たくさんの方に見てもらいたいです」とアピールした。

この記事の画像一覧 (全 13件)