舞台「刀使ノ巫女」ビジュアル公開、SKE48メンバーらが意気込み

アイドル 公開日:2018/10/30 5
この記事を
クリップ

今年6月までTV放送され話題を呼んだ、女子中高生×日本刀のオリジナルアニメーション「刀使ノ巫女」(監督:柿本広大、シリーズ構成:髙橋龍也、キャラクター原案:しずまよしのり)、初の舞台化。制服に日本刀を携えた、刀使(とじ)と呼ばれる衛藤可奈美ら女子中高生たち6名と、最強の刀使といわれ、彼女たちに立ちはだかる折神 紫のキャラクタービジュアル、および、ビジュアル撮影時のコメントが公開された。

また、公演期間中、劇場にて様々なスペシャルイベントの開催も決定。

刀使たちと異形の存在「荒魂」との戦いを、歌あり、ダンスあり、バトルアクションありで描く本作。舞台での刀使たちの活躍にご期待いただきたい。




<衛藤可奈美役:斉藤真木子(SKE48) コメント>
14歳の役ということで、撮影ではポーズや表情づくりが難しかったのですが、いろいろとアドバイスをいただきながら楽しんで撮影することができました!今回、SKE48から5名が参加していますが、舞台では、アイドルの私たちとは違った部分をお見せできると思います。『刀使ノ巫女』の世界観をしっかり表現していきたいと思います!

<十条姫和役:谷真理佳(SKE48)  コメント>
姫和ちゃんはまじめでクール、とてもかっこよくてかわいい完璧な女性なので、自分が演じられるか不安もありますが、撮影を終えて、改めて本番に向けて頑張っていきたいと思いました!原作が本当に素晴らしい作品なので、恥じぬよう姫和ちゃんとして自分を磨いていきたいと思います!

<柳瀬舞衣役:北川愛乃(SKE48) コメント>
御刀を使っての撮影で、重心を落とす構えなど筋肉がぷるぷるして苦戦しましたが、かっこいい写真が撮れたのではと思います。ファンの皆さんのお陰で掴み取れた役なので、いつも以上に気合が入っています。舞衣ちゃんとして精いっぱい演じたいと思います。ぜひ観に来てください!

<糸見沙耶香役:竹内彩姫(SKE48) コメント>
ビジュアル撮影で糸見沙耶香ちゃんになれてとても楽しかったです。今回投票で選んでいただいたので、このチャンスを無駄にしないよう、本番に向けて沙耶香ちゃんとして全力で生きていきたいと思います!

<益子薫役:桑江咲菜 コメント>
薫ちゃんはとても長い御刀を使うので、これを舞台でどんなふうに使うのか、今からとても楽しみです。劇場でぜひチェックしてみてください!また、薫ちゃんは荒魂と一緒に生活している刀使なので、そういった益子家の思いも表現していけたらと思っています。

<古波蔵エレン役:長谷川里桃 コメント>
撮影で、制服を着て刀をつけると身が引き締まる思いでした!エレンちゃんは本当に大好きなキャラクターなので、この役をできるのがとても嬉しいです。撮影もとても楽しかったです。エレンちゃんらしく、他のキャストのみんなのあだ名をつけたりして、みんなと仲を深めて頑張りたいと思います!

<折神 紫役:北川綾巴(SKE48) コメント>
初めて刀を持っての撮影で、しかも2本持つ役なので、意外と重くて苦戦しましたが、楽しみました!久しぶりの舞台で、ウィッグなどの扮装も初めてのことも多く、不安もありますが、皆さんによかったよ!と言ってもらえるような舞台にできたらと思います。ぜひ観に来てください!

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 8件)