スパガ 浅川梨奈海外進出 シンガポールで舞台挨拶、英語で堂々スピーチ

アイドル 公開日:2018/10/27 7
この記事を
クリップ
}/

SUPER☆GiRLSの人気メンバーで「14の夜」や「人狼ゲーム~マッドランド~」などにも出演していた浅川梨奈が、自身の主演映画「トウキョウ・リビング・デッド・アイドル」(TLDI)の上映舞台挨拶のため、シンガポールで開催されている「SCREAM ASIA FILM FESTIVAL 2018」に登壇した。

同映画祭は世界3大映画祭のカンヌ国際映画祭、ベルリン国際映画祭、ベネチア国際映画祭の常連監督であるエリック・クー氏がクリエイティブ・ディレクターを務める映画祭で、今回が記念すべき第一回目の開催。




10月24日上映後のQ&Aでは、主演の浅川梨奈、尚玄、熊谷祐紀監督が登壇し、浅川は慣れない英語での挨拶を見事に成功させ、満席の劇場を多いに盛り上げた。

本人も「私がこんな素敵な舞台に登壇できたのは、この映画に携わって頂いたすべての方のおかげです。これからも『TLDI』がいろんな国で愛される作品になるよう、私も皆様に恩返しできるようがんばっていきます」とコメントした。

帰国後は流ちょうな英語で「Thank you for coming to Screaming Singapore film festival !I’m glad that I could meet fans in Singapore♡ I hope to see you again !」ともツイートしていた。彼女を海外で頻繁に見かける日も、遠い未来ではないのかもしれない。


この記事の画像一覧