AKB48宮脇咲良 矢吹奈子 本田仁美「IZ*ONE」専任前ラストシングルMV公開

アイドル 公開日:2018/10/26 12
この記事を
クリップ
}/

11月28日(水)発売、AKB48 54thシングル『NO WAY MAN』ミュージックビデオが解禁となった。

本楽曲は先月9月24日に発表となった選抜メンバー23名による楽曲となるが、その際、同時に発表となった宮脇咲良(センター)、矢吹奈子本田仁美の3名は10/29に韓国デビューを飾るIZ*ONE(アイズワン)専任となり、48グループとしての活動を2年6ヶ月休止となるため、本作は「IZ*ONE専任前ラストシングル」となる。




アイドルの可愛らしさを表現するMVとは一線を画す、AKB48史上最高難度を更新したダンス曲『NO WAY MAN』のMVが完成した。

9月某日。集められた選抜メンバーは翌日に控えた『NO WAY MAN』ミュージック・ビデオ撮影のための振り入れを行うが、その振付の難しさに悪戦苦闘。全身を烈しく使う今回の振付による筋肉痛を伴い、満身創痍でMV撮影に挑んだ。

ダンスシーンは同じシーンでも何度もカメラの位置を変え、多様なバリエーションの撮影を積み上げていく。そのようにして完成された『NO WAY MAN』MV。まさに全身全霊AKB48魂を捧げたダンスシーンは、マルチ画面で視覚的にも多角的にもその振付の烈しさを表し、且つ絶妙なカット割りによって画面からメンバーが飛び出して来るかの如き映像に仕上がった。

イメージシーンでのごく僅かな微笑みを除けば、アイドルらしい可憐な立ち振舞、笑顔は無く鬼気迫るメンバーの表情、そして極端に少ないリップシーン、見て取れるのは「AKB48史上最高難度を更新したダンス」。持ち得るアイドル要素をかなぐり捨て、髪を振り乱し、個の表現を廃しAKB48という塊の底力が溢れたアイドルの定義を覆す傑作MV。

Dメロ歌詞の「レッドオーシャンなんてきっと面白くないだろう? ブルーオーシャンこそがこれから目指す場所」はまさにAKB48の新境地を示している。現代社会に投げかける「不撓不屈」の精神があらわれた非常にメッセージ性の強い楽曲であり、「IZ*ONE専任前ラストシングル」として2年6ヶ月もの間、48グループとして活動休止となる宮脇・矢吹・本田に向けられた「はなむけ」の言葉でもあるようだ。

1/3ページ