チームしゃちほこ改め、新生「TEAM SHACHI」(シャチ)が始動

アイドル 公開日:2018/10/23 10
この記事を
クリップ

チームしゃちほこ改め、4人体制による新生「TEAM SHACHI」が始動した。

10/22にZepp Nagoyaで行われた「"TEAM SYACHIHOKO" THE LIVE ~FINAL~」でチームしゃちほこから伊藤千由李が卒業。同日夜に秋本帆華、咲良菜緒、大黒柚姫、坂本遥奈による4人体制で「TEAM SHACHI(シャチ) [*TEAMは読まない]」の始動が中日新聞ほっとwebの号外で発表。それに伴い、アーティストロゴ、アーティスト写真、ホームページもリニューアルされ、TEAM SHACHIは「super tough strong energy positive exciting soul from nagoya」をスローガンに掲げ、ファンの呼称をあらたに「タフ民」とした。YouTubeには新曲『DREAMER』ショートバージョンのムービーが公開された。




翌日の10/23には、新生「TEAM SHACHI」として初めてとなるライブを同じくZepp Nagoyaにて開催。「全速前進」と題された同ライブのオープニングでは、「TEAM SHACHI」名義による新曲『DREAMER』が初披露され、『よろしく人類』、『OEOEO』、『そこそこプレミアム』をブラス民(ホーンセクション)と披露。昨晩のオープニングを飾った『BURNING FESTIVAL』は生音のブラス隊でよりパワフルにアップデートされ、『パレードは夜空を翔ける』ではブラス隊の生音とメンバーの歌声のみのセッションによるイントロも。ブラス民が一度ステージをおりると、この日初めてとなるメンバー4人のみの新体制で『colors』、『雨天決行』、『START』を続けざまに披露して一気に畳み掛けた。本編最後にはメンバーの秋本帆華が初めて作詞に参加した新曲『ROSE FIGHTERS』も披露。全11曲をノンストップで走り抜けた。

来年2月にTEAM SHACHIのデビュー作となるニューミニアルバムのリリース、さらにライブ当日の10月24日(水)の0:00よりニューミニアルバム収録の新曲『DREAMER』の全世界配信がスタートすることをアナウンス。「nagoyaから世界へ。最高の景色をみたいと思っているので、本当にこれからもよろしくお願いします!」と語り、最後に再度新しい自己紹介を披露してライブを締めくくった。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ