【SUPER☆GiRLS新メンバーへの道】FRESH LIVEルート、金澤有希らファイナリストが決定

アイドル 公開日:2018/10/19 12
この記事を
クリップ

アイドルグループ・SUPER☆GiRLS(スパガ)の新メンバーを決める『SUPER☆GiRLS超オーディション!!!!』のFRESH LIVEルートファイナリスト決定イベント特番が19日、都内で行われ、同ルートのファイナリスト候補者9名が自己PR、歌唱・ダンス審査、特技披露で審査員にアピール。審査の結果、11月に行われる最終審査進出者(ファイナリスト)5名が選出された。

特技披露で見事な落語を披露し、MCを務めたお笑いコンビ・どりあんずからも絶賛された前田早奈子さんは「私はどんなに食べても太らない体だったり、お洋服の趣味が人とズレていたり、今までのSUPER☆GiRLSさんのメンバーにはいなかったようなキャラクターを持っているので、SUPER☆GiRLSさんに入れたら、新たなSUPER☆GiRLSさんの可能性を切り開いていけたらなと思います」とアピールし、審査中、ずっと緊張した面持ちだった皆川真琴さんは、2013年にエイベックスのアイドルオーディションを受け、2次審査で落ちた経験があるそうで「それから何度も諦めようと思ったんですけど諦められなくて、今回受けました。私はアイドル活動を1回もしたことがなくて、周りの友だちにも『アイドルになりたい』って言ったことはありません。でも私の進路希望は大好きなSUPER☆GiRLSさんに入ることです」と声を詰まらせながらも熱い想いを吐露。得意なイラストを駆使してFRESH LIVEでの配信エピソードを四コマ漫画にして披露する一幕もあった。




また、中学生の頃からアイドル基準で生活をしているほどアイドルが好きだという吉沢朱音さんは「SUPER☆GiRLSさんに入りたいという思いは強かったですし、最初は誰にも負けないように頑張ろうと思いました。だけど配信を通してファンの方の優しさや、周りの人の応援を受けて、自分のことばかりじゃなくて、SUPER☆GiRLSさんを支えていける存在に絶対になりたいという目標に変わりました」と胸の内を明かし、「諦められなかったアイドルになれるチャンスをぜったに掴んで、SUPER☆GiRLSとして先のステージへ進んで行きたいです」力を込めた。さらに歌唱審査ではアイドルオーラを振りまきながらパフォーマンスを行うなど、アイドルとしての素質の高さを示した。

今年3月に解散したアイドルグループ・GEMのリーダーとして活躍するなど、アイドルとしての実績十分な金澤有希は「1期生の皆さんに連れて行ってもらった日本武道館に、今度は私がメンバーになって(武道館に)行きたいなって強く思っています」とコメント。歌唱審査と特技審査では、目の前の審査員だけではなくカメラの向こうにいるファンへのアピールも忘れず、さらにキレのあるダンスを披露するなど、実力の差を見せつけた。

そして、アカペラで『笑顔の羽根』を歌うなど、高い歌唱力を披露した畑江美香さんは、14歳の頃からSUPER☆GiRLSが好きだそうで「21歳までの7年間 SUPER☆GiRLSさんにたくさんのアイドルとしての気持ちを教えていただきました。今までの私、これからの私はSUPER☆GiRLSさんがいなかったらないというくらい、すごく大切なグループです」目を輝かせ、「私もSUPER☆GiRLSさんの一員になって、何かに貢献できるようなメンバーになりたいと思っています」と誓った。

さらにドワンゴジェイピーnewsでは、同イベント終了直後にファイナリスト5名にインタビューを敢行。ファイナリストになった感想と、最終審査(各ルートのファイナリストでそれぞれチームを組み1曲披露などを予定)へ向けての意気込みを聞いた。


・前田早奈子さん(まえだ・さなこ/22歳/高知県出身)

「(審査は)本当に緊張したんですけど、また新たな切符を手に入れることができたので、(最終審査では)全力でチームとして取り組みたいなと思います」


・皆川真琴さん(みながわ・まこと/21歳/千葉県出身)

「めちゃめちゃ緊張したんですけど、ファイナリストになることができたので、私は歌とダンスをまったくやったことがないのですが、みなさんの足を引っ張らないように、一生懸命全力で自分なりに頑張っていきます。よろしくお願いします」


・吉沢朱音さん(よしざわ・あかね/21歳/福岡県出身)

「今日はすごく緊張したんですけど、9月1日の登壇イベントで失敗してしまった(特技披露で)マジックを、今回は成功につなげることができたのでよかったなという思いがあります。11月4日ファイナル、まだ最後まで終わっていないので気を抜けないですけど、楽しんで皆さんに思いを届けられたらいいなと思います」


・金澤有希(かなざわ・ゆうき/25歳/北海道出身)

「すごく緊張してソワソワしていたんですけど、とにかく楽しもう、今しかない時間だと思って臨んだので、曲が始まったらすごく楽しめました。ファイナル審査はこの5人で1曲を披露するということなので、今まではFRESH LIVEルートの中でのバトルだったんですけど、次からはチームでのバトルになるので、この5人でチームワークを高めて、FRESH LIVEルートから1人でも多くの合格者が出るように、チームワークを高めて行きたいなと思います。応援よろしくお願いします」


・畑江美香さん(はた・えみか/21歳/千葉県出身)

「審査が始まるまですごく緊張していたんですけど、ファイナル審査に進めさせていただけて、次はこの5人でステージに立つということで、精一杯みんなで力を合わせて頑張って行きたいと思っています。皆さん、最後までよろしくお願いします」


結成10年節目の2020年に向けて行われる、グループ史上初となる一般公募オーディション。応募者は<MBSラジオ><SHOWROOM><FRESH LIVE>の3つのメディアによる審査ルートを選ぶことができ、各媒体で実際に芸能活動を実践しながらアイドルを目指す。

今回で出揃った各ルートのファイナリストは、11月4日に東京・渋谷のAiiA 2.5 Theater Tokyoで行われるワンマンライブ『SUPER☆GiRLS 超LIVE 2018&オーディション!!!!』での公開最終審査に挑み、12月19日に行われるデビュー8周年ライブで合格者(新メンバー)がお披露目される。ドワンゴジェイピーnewsは正式メンバーが決定するまで同オーディションの模様を追っていく。

レポート:風間直人

この記事の画像一覧 (全 26件)

関連タグ