乃木坂46、西野七瀬との最後の撮影となった新曲MV公開

アイドル 公開日:2018/10/18 9
この記事を
クリップ

2018年11月14日(水)に発売する乃木坂46 22ndシングル『帰り道は遠回りしたくなる』のMusic Videoが遂に公開となった。

2018年9月中旬に栃木県・群馬県、及び都内のスタジオで撮影された今作のMusic Video。人生は様々な偶然が重なって変わっていくということをコンセプトに、ラストシングルでセンターを務める主人公の西野七瀬が、「もしもバスに乗り遅れていたら…」「もしも絵を描いていなかったら…」など、それぞれの中で幸せな人生を歩み続けていくというストーリー仕立てになっている。




乃木坂46の中で実際にあった過去のエピソードや各メンバーに西野七瀬の印象深かったことを事前にリサーチし、各シーンでもそれを採用している今回のMusic Video。最後のダンスシーン撮影終了後には、西野への温かい拍手とメンバー同士での記念撮影が始まるなど、他のメンバーにとっても西野と最後の撮影だということを強く思いながら臨んだ、特別なMusic Videoの撮影になったそうだ。

なお、本Music Videoはカンヌ国際広告祭など多数受賞しているクリエイティブ・ディレクターの澤本嘉光氏が脚本を手掛け、Perfume・星野源などのMusic Videoやドラマ「電影少女」の演出を手掛けた関和亮氏が監督として指揮を執った所にも注目だ。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 11件)