仮面女子神谷えりな 卒業発表から一夜「ぽっかり穴が空いたよう、一晩泣き腫らしました」

アイドル 公開日:2018/10/18 20
この記事を
クリップ
}/

仮面女子の中心メンバー、神谷えりなが桜のどか、立花あんな、坂本舞菜、水沢まいとともに卒業が発表されてから一夜明け、神谷は18日Twitterを更新、卒業発表後のファンの反応などを受けコメントを出した。

昨夜ブログでは文頭で「私を応援してくださってるみなさんに、ついにこの言葉を言う時がきました。私、神谷えりなは2018年11月30日をもって、仮面女子アリス十番を卒業し、アリスプロジェクトを退所します。」と書かれ、ファンは衝撃をもって受け止めた。ブログでは7年間在籍したアリスプロジェクトへの感謝と、地下アイドル活動だけでなく、そのプロポーションを如何なく発揮したグラビア、映画にも数多く出演、その思い出も綿々と綴られていた。




18日のTwitterでは「昨晩の卒業発表から朝を迎えました。皆さんからの温かい言葉、かけがえのない一言たちが本当にありがたくて嬉しいです。発表してから、ぽっかり穴が空いたような、何て表現したらいいかわからない気持ちになってしまって、一晩泣き腫らしてました。ブログでもかいたように大好きな みなさんやメンバーと離れてしまう寂しさや悲しさよりも、今までお世話になった感謝を悔いなく伝えたいです。だから、もう私は卒業まで泣きません。笑顔でみなさんと一緒にいられる時間を楽しく幸せな思い出をつくっていきたいです。会えるのは残り少ないですが、できるだけ一緒に過ごせたら嬉しいです」かなりの寂しさが彼女を襲って苦しい葛藤の様と感謝の気持ちが溢れだし、どうしようもない感情だったことが手に取るようにわかった。

いろんな思いを胸に新しいステージへと飛び立つ”えりにゃん”を今までと変わらず背中を押してあげて欲しい。

神谷の卒業式は、11月23日(金・祝)、秋葉原・仮面女子カフェとなる。神谷えりな最後のステージ、ぜひ足を運んでほしい。

この記事の画像一覧