ラストアイドル、定期ライブイベント“ラスアイのヨルライ”がスタート

アイドル 公開日:2018/10/17 4
この記事を
クリップ

AKB48グループ、坂道シリーズなどトップアイドルたちの総合プロデュースを数多く手掛けてきたヒットメーカー・秋元康氏が、新たな大型アイドルグループを誕生させるべく、昨年2017年8月にスタートした同名オーディション番組から生まれた究極のアイドルグループ、ラストアイドル

 



昨日10月16日(火)より、ライブエンターテインメントシアター「Key Studio」において、ラストアイドルの定期ライブイベントがスタート。初日のステージの幕が上がり、「ラストアイドル」内のユニットである、Good Tearsシュークリームロケッツの2ユニット計7人がステージに登場し、3rdシングルの表題曲である『好きで好きでしょうがない』を熱唱。オープニングから会場が熱気に包まれた。

 歌唱後、シュークリームロケッツの長月翠が「本日より、ラストアイドルの定期公演がスタートしました。最初の公演なのでメンバーも緊張しているんですけど、全力で盛り上がっていきますので、皆様どうか暖かい声援をお願いします!」と挨拶し、『スリル』、『へえ、そーお?』(Good Tears)、『想像上のフルーツ』、『夜中動画ばかり見てる・・・』(シュークリームロケッツ)の4曲を続けて披露。会場の熱気は最高潮に。

ここで出演する各ユニットが日替わりで内容も含めて担当する、ユニットMCコーナーが入り、今回はGood Tearsが担当。慣れないMCに苦戦しながらもファンの皆様の暖かい声援で、盛り上がりを見せた。

ここからライブは後半戦に突入。Good Tears最初のオリジナル楽曲『涙の仮面』、ラストアイドル2ndシングル表題曲でもある『君のAchoo!』をシュークリームロケッツが披露。最後は『ラスアイ 、よろしく』、『明日の空を見上げるために』の2曲を出演メンバー全員で歌唱し、全9曲のライブが終了。このタイミングで中学生メンバーである小澤愛実が時間の都合により退出。去り際に会場のファンに一言挨拶を求められると「なんか、よくわかんないんですけど、凄く嬉しくて感謝しかなくて・・・」と思わず涙。会場内が暖かい拍手に包まれた。

 ライブ終了後には、会場である「KeyStudio(旧スタジオアルタ)」にちなんで「ユニット対抗 ヨルライ選手権!」と銘打ったトークコーナーを展開。ラストアイドル2期生の配信番組「ラスアイ のニキハイ」のMCも務める三拍子が登場して会場のファンも参加型のトークコーナーを展開。盛りだくさんの内容で「ラスアイのヨルライ」初日が終了。今後は基本、毎週火曜日の19:00〜定期的に実施となるので是非一度足を運んでみて欲しい。