SKE48「珠理奈へ届け!」激動の夏”サマステライブ”で完全燃焼

アイドル 公開日:2018/10/12 9
この記事を
クリップ
}/

今年10月で「劇場デビュー10周年」と大きな節目を迎えているSKE48

8月に行われた「テレ朝夏祭りサマステ音楽ライブ」は、初の3チーム揃っての出演となった。(※去年はチームEのみの出演)ステージのあったこの日は、とにかく炎天下で、気温35度にも迫る灼熱のライブ。

午後2時に「チームS」からスタート(以降、チームKⅡ⇒チームE)したが、最も平均年齢が低く、若さと勢いで突き進むストロングスタイルの「チームS」は、なんと途中“MC”なしの9曲連続パフォーマンス”という圧巻のセットリストにチャレンジ。




終演後、松本慈子は「SKE48は、ダンスの激しさが大きな魅力なんですが、こんなにへとへとになったことが無くて、でも隣でリーダーの綾巴さんが
スゴい気迫で踊ってて、彼女が今、いろんなものを背負っているのを知ってるから、リーダーだけに背負わせてはいけないなって思って、自分も頑張れました。」と目を輝かせた。

一方、北川綾巴は、「もう灰になりました!(笑)」というくらい、ステージから降りた途端に、倒れ込む“完全燃焼”。ノンストップの連続9曲の中に、『大声ダイヤモンド』が。

北川綾巴は、「途中、思わず涙ぐんでしまいました。きょうは、全曲“珠理奈さんがいる”っていう気持ちで歌いました。特に、『大声ダイヤモンド』は「珠理奈さーん!!!」と、この想いが届いて欲しいなと思って歌いました。珠理奈さんが戻ってきて、こんなにも成長したんだって思ってもらえるように頑張りました。」と話した。

『大声ダイヤモンド』は、松井珠理奈が、AKB48のシングル曲に初選抜、しかもセンターに大抜擢された楽曲で、珠理奈はレコーディングの時点では11歳で、公演デビュー前だったという伝説の逸話が残る、SKE48メンバーには特別な思い入れのある楽曲だ。

また、チームEで登場したSKE48のキャプテン斉藤真木子は、「きっと、珠理奈さんが、“10周年の夏”を一番楽しみにしていただろうし、一番居
なきゃいけなかった存在だったと思うんですが、私たちも甘えてばかりじゃダメだと思うし、ある意味、この状況は、私たちに与えられた試練だと思うので、改めて、私たち1人1人が、SKE48を背負っていくっていう強い気持ちを再確認して、もちろん心配な気持ちもあるけど、私たちが、こういう姿を見せてないと、きっと怒るから(笑)、スゴイじゃん!と褒めてもらえるように成長していきたいと思います。」とメンバーの気持ちを力強く代弁した。

ライブは、須田亜香里高柳明音大場美奈ほか、メンバーたちのバックヤードの表情・コメントもたっぷり含まれた内容になっている。


■番組タイトル:「SKE48朝から晩までサマステ3時間スペシャル!!」

■放送時間:2018年10月20日(土)午後4時~よる7時

■テレ朝チャンネル1ドラマ・バラエティ・アニメ

この記事の画像一覧