AKB48太田奈緒1st写真集、初水着カットに濵咲友菜「ぜったい穿いてないやん」

アイドル 公開日:2018/10/08 8
この記事を
クリップ
}/

SHOWROOM「まいにちアイドル」365日達成記念特別配信で発表された、AKB48 チーム8京都府代表(チームB兼任)太田奈緒のファースト写真集『背伸びの高さ』(10月11日全国発売・光文社)の記念お渡し会が、HMV&BOOKS SHIBUYAで開催された。

念願の写真集は、AKB48グループ初の韓国ロケを敢行。ソウルや京畿道、東海岸で撮影。また彼女のたっての希望で地元の京都でも浴衣姿で撮影が行われた。ファンションやメイク、グルメで女子旅人気No.1の国で新境地を開いた太田。初めての水着にも挑戦し、23歳の大人な女性の魅力が詰まった一冊となっている。さらに幼少期からチーム8での4年間まで、素顔の1万字インタビューも収録されている。




写真集を手にした太田は「こうやって取材していただいていても、夢なのか?現実なのか?みたいな感じなんですけど、両親に観てもらってすごい喜んでくれたので、良かったなあって思います。自分自身としては、今までソログラビアはあるのですが、写真集は120ページもあるので嬉しいです!」と感激の表情を見せた。

「(韓国は)初めて行ったので、”新世界”に行った感じで、自分自身が楽しめたなと思いました。女子が憧れるのがよく分かりました」と印象を話した太田。韓国ロケと決まった時から”チーズダッカルビ”を食べると思っていたそうで、「あおきーさん(光文社・青木編集長)に連れて行ってもらいました。日本とはサイズも違うし、チーズの伸びも感動しました」と嬉しそうに振り返った。このシーンも写真集に収められているが、お気に入りには、初めて京畿道・アクアフィールドのインフィニティプールを経験したカットをチョイス。「大きな風船みたいなのに入って、ハムスターのわっかみたいに遊んでたのですが、酔っちゃって。でも思い切り楽しんでいる瞬間なので、いちばん自然な笑顔が出ているかなと思いました」とにっこり。

初体験の水着撮影については、3パターンの水着を披露。「羽織っているガウンを脱ぐ瞬間も、ポージングとかもすごく恥ずかしかったです。私服とは全く違うやったことのないポーズとか難しかったです。でも楽しかったので、(恥ずかしさを)忘れてる時もありました。私、すぐ筋肉が付く体質で、(水着撮影に向け)ダイエットしていたのですが、腹筋が割れてきて、女性らしくなくなるなと思って、ふつうに食べてました(笑)」とエピソードを語ってくれた。

7日に握手会があったため、メンバーにも観せたという太田。SNSでも写真集を観ている時の表情が公開されているが、「(チーム)8は、5年間活動していますが、水着とかなかったので、初めて観る水着姿に”恥ずかしい”とか言ってくれたり、”かわいい”とか”大人っぽい”とか褒めてくれました。滋賀代表の濵(咲友菜)ちゃんは”これ穿いてる??”って、すごい言ってきて、何かなと思ったら、ビキニでそう見えるシーンがありまして、”穿いてるの!?ぜったい穿いてないやん”って、ずっと観てましたね。すごい面白かったです」とメンバーも太田の初写真集に興味津々のようだ。

チーム8で写真集を出してほしいメンバーを聞かれると「わたし個人としては、横山結衣ちゃん、服部有菜ちゃんに出してもらいたいです。体のラインもキレイやし、顔がタイプなので、スゴイ観たいです」と明かした。

キュートにセクシーに、ふだんとは一味違う表情を魅せる渾身のファースト写真集、ぜひ手に取ってご覧いただきたい。新しい太田奈緒が見つかるはずだ。