SKE48 10周年特別記念公演を開催、感謝の「ありがとう」珠理奈が涙

アイドル 公開日:2018/10/05 18
この記事を
クリップ


2012 年は、5期生の江籠裕奈と古畑奈和が「目が痛いくらい晴れた空」を。また、NHK 紅白歌合戦にSKE48 単独で初出場した際の「パレオはエメラルド」を披露。1期生の曲「神々の領域」では、10 年経った今ひとりきりの1期生になった松井珠理奈がソロで登場し、曲間で「今は弱い私ですが… 10 年間ずっと走り続けて来れたのは、みなさんのお陰です。これからもずっとそばにいてください」と涙で声を震わせながら語った。

チーム KⅡのオリジナル公演「ラムネの飲み方」が生まれた2011 年のパートは、『兆し』『お待たせSet list』をチーム KⅡメンバーで披露。2009 年のチーム S のオリジナル公演「制服の芽」から『恋を語る詩人になれなくて』や『思い出以上』や、2008 年の SKE48 初の公演『PARTY が始まるよ』などの公演曲を次々とパフォーマンスした。

また、10 周年を迎えた SKE48 に、元・中日ドラゴンズ⼭崎武司さん、SKE48 が公式応援マネージャーを務める名古屋グランパスの長谷川アーリアジャスルー選手・佐藤寿人選手、和泉竜司選手をはじめとして、過去に共演したレギュラー番組を通して親交のある大久保佳代子、そして、河村たかし名古屋市長、大村秀章愛知県知事などからお祝いコメントをいただき、大場美奈が代表して「5 名の方々にコメントをいただきました。本当にありがとうございます。この 10 年でたくさんの方に出会ってきました。この場を借りてお礼を伝えさせていただきます。ありがとうございます」と挨拶した。

続けて「理由とか条件とか関係なくて、とにかく SKE48 が好きっていう気持ちを持ってくれる方、全ての方が大好きだし大切な存在です。明日からも、みなさんと⼀緒に楽しい思い出をたくさん作って行きたいと思います。頼もしいファンの皆様に支えられて、私たちは幸せです」とコメントした。

2/3ページ

この記事の画像一覧 (全 18件)