AKB48大西桃香、初写真集で53cm ”神くびれ” 披露「自信を持って見てねって言えます!」

アイドル 公開日:2018/10/02 13
この記事を
クリップ
}/

AKB48大西桃香が2日、都内でファースト写真集「夢の叶えかた。」(幻冬社刊)の発売記念イベントを行った。

2016年10月17日から動画配信サービス『SHOWROOM』にて朝5時半配信を開始し、以後665日間継続してきた大西。最初は立ち位置が後ろで、AKB48選抜総選挙では4年連続で圏外だったが、同配信を毎日継続したことで“朝5時半の女”という名がつき、徐々にファンを獲得。2018年6月に行われた選抜総選挙では、圏外から一気に38位にジャンプアップし「努力は必ず報われる」を体現してみせた。




そんな大西にとって初の写真集となる同書。仕上がりを聞かれた大西は「私のすべてがギッシリ詰まっている写真集になっています。私自身、初めての水着やランジェリーを着て撮影もしました。セブ島の綺麗な海や、水上バイクに乗って撮影させていただいたりしました」と紹介し、初めてランジェリー姿で撮影した感想については「めちゃめちゃ恥ずかしかったんですけど、撮影していくうちにスタッフさんとも仲良くなれたので、今では楽しかったなって思います」とコメント。

53センチの“神くびれ”も披露しているが「もともと自分のくびれが好きで、今回くびれをピックアップしていただいて“神くびれ”という言葉も生まれたんですけど、くびれには自信を持って『見てね』って言えます!」と自信を覗かせ、そんなくびれを保つ秘訣を尋ねられると「めちゃめちゃ細くなれって念じながらマッサージをしたり(笑)、ラッピング用のリボンで縛ってみたりしたことはあります。ご飯を食べるときも、縛っていたら食べ過ぎないので…。自己満です(笑)」と返答。さらに、体重を増量して撮影に臨んだそうで「3kg増やしました。写真集を撮影するにあたって、ちょっと細すぎるということで、スタッフさんが『体重を増やせ』ということで、頑張って増量しました」と打ち明けた。

さらに、家族のことや今後について赤裸々に語ったというインタビューページも収録されているが「私自身、昔のことを喋るのが好きじゃなくて、ほかのところでも言葉を濁したりしていたんですけど、せっかく写真集を出していただいくことになって、写真でも自分のすべてをさらけ出しているので、今の自分の心境をすべて語らせていただきました」と話し、「ファンの方に反応が気になったりもするんですけど、これがありのままの自分なので、皆さんに読んでいただけたらいいなと思っています」とアピールした。

チーム8メンバーでは初めての写真集出版となったが「こんな私が写真集を出せるなんて思ってもなかったんですけど、夢にしてきた写真集をこうやって出させていただけるということで、この写真集をたくさんの方にゲットしていただいて、チーム8のほかのメンバーも写真集を出せるような感じで続いていけたらいいなと思っています」と期待を寄せ、グラビアをオススメしたいメンバーを聞かれると「めちゃめちゃいるんですよ。体のラインで言うと、青森県代表の横山結衣ちゃん、岩手県代表の佐藤七海ちゃん、岐阜県代表の服部有菜ちゃん、和歌山県代表の山本瑠香ちゃん、山口県代表の下尾みゆちゃん、あっ、香川県代表の行天優莉奈ちゃん!ですかね」と名前を挙げた。

そんなチーム8のメンバーには、同写真集をまだ見せていないそうで「私、関西出身(奈良県代表)なんですけど、関西メンバーには見せたくないなって思います(笑)。ずっと一緒にいて家族みたいなので恥ずかしいです」と照れ笑い。さらに、同写真集に点数をつけるようお願いされると「88!(残りの12点は)今後、またこういう撮影をさせていただくときの伸びしろということで残させていただきたいと思います」とさらなる高みを目指した。

今回、夢だったという写真集出版を果たした大西は、今後の夢を聞かれると「今、所属しているチーム8の知名度をもっと上げて、大きいところでコンサートをしたり、もっとチーム8のためにできることを今は探そうかなって思っています」と目を輝かせた。

撮影:青山裕企