ベイビーレイズJAPAN 涙のラストライブ、6年の活動に幕

アイドル 公開日:2018/09/24 17
この記事を
クリップ

ベイビーレイズJAPANが、山中湖交流プラザ・きららにて、ラストライブ『全虎が啼いた!伝説の最高雷舞(クライマックス)』を開催、本公演をもって、約6年間の活動に幕を下ろした。4,000人の観客を前に、5時間にわたって魂のパフォーマンスを繰り広げ、タイトルに相応しく"伝説の最高雷舞(クライマックス)"となった。




ベイビーレイズJAPANは2012年5月に結成し、オリジナルメンバーのまま5人で活動を続けてきた。活動6年目となった今年7月に、解散を発表。「日本を象徴する山である富士山を背負ったステージで、より多くの虎ガー(ベビレファンの呼称)に史上最高の景色を見せたい」という想いから、山中湖交流プラザ・きららがラストライブの会場に選ばれた。

ベビレのラストを祝福するかのように澄み切った青空の下には、彼女たちの最後の勇姿を見届けようと、大勢の虎ガーが集まった。オープニング映像の後にメンバーがステージに登場すると、会場中から歓声が。センターの林愛夏の「全虎吠えろ!」という掛け声から『ゲート・オブ・ザ・タイガー』で明るくスタート。そこから『Pretty Little Baby』が流れると、客席からも自然にクラップが始まる。『Ride On IDOROCK』は、メンバーそれぞれの個性が出る5曲が盛り込まれたメドレーバージョンが披露された。その中での『Baby Kiss』では、傳谷英里香が「6年間私のことを好きでいてくれてありがとう!私もずーっと好き!」と萌台詞を言う場面も。その後の『ニッポンChu!Chu!Chu!』では、メンバーが自分たちでアレンジした扇子を使ったパフォーマンスで、会場を沸かせた。

ここまでノンストップで駆け抜けた5人。林は「こんなに沢山の人が来てくれて、感無量です」と感動の様子。雨女だという高見奈央は、「こんなに晴れたのは、人生で初めてかもしれません!」と興奮気味にコメントした。その後、「世界はチャチャチャ!」でより客席に近いサブステージに移動。赤白帽をかぶり、元気に体操のパフォーマンス。一転して『ベイビーステップ』、『スーパーノヴァ』といったバラードで会場を優しく包み込むと、『バキバキ』ではロックチューンで激しいダンスを披露。目まぐるしく繰り広げられるベビレのパフォーマンスの幅の広さに、圧倒される。

MCでは、思い出のライブを振り返る場面も。林は「結成して初めて立ったステージは、一生忘れられない」と感慨深げに語った。大矢が「よかったら私たちの真似をしながら、一緒に踊ってください!」と声をかけると、大ヒット曲『暦の上ではディセンバー』で会場中が盛り上がる。そこからは、前半戦のフィナーレへ。『Again and again』、『JUMP』、『ベイビーアンビシャス!』と畳み掛けると、「この時間がいつまでも続いて欲しい」と感じさせるかのように「ハッピーエンドレス」を優しく歌い上げ、ステージを後にした。

1/4ページ

この記事の画像一覧 (全 41件)