SKE48須田亜香里 『走れ!歌謡曲』の「1DAYスペシャルパーソナリティ」に決定

アイドル 公開日:2018/09/18 24
この記事を
クリップ

SKE48須田亜香里が文化放送『走れ!歌謡曲』50周年記念企画「1DAYスペシャルパーソナリティ」のスペシャルパーソナリティに決定した。





SKE48須田亜香里は昨年、劇場の一番うしろから、全力のパフォーマンスや握手会での“神対応”で大躍進した自らの体験とその極意を書いた書籍「コンプレックス力 ~なぜ、逆境から這い上がれたのか?~」を発行、今年6月の『AKB48 53rdシングル 世界選抜総選挙』ではついに2位にランクインをした今注目のメンバー。その彼女が今回、2時間の一人しゃべりにチャレンジする。

今回の出演決定にあたり、次のコメントを寄せた。

「長寿番組の記念となる年に自分がAKB48グループのメンバーとして出演できることがとても嬉しいです。色々なツールがある中で、ラジオは最もリスナーさんとの距離が近くて、一緒に作り上げる楽しみのあるものだと思います。51年目への架け橋となる貴重な時間を皆様と大切に楽しませていただきたいです。よろしくお願いします。」

文化放送の最長寿ワイド番組『走れ!歌謡曲』(毎週火~土曜 午前3時00分~5時00分)は、1968年11月19日放送を開始し、1980年に川中美幸がパーソナリティを務めたことを皮切りに、坂本冬美、香西かおりなどの錚々たる顔ぶれの演歌歌手がパーソナリティを務め、長年、夜間ドライバーに愛されてきた。

今回の「1DAYスペシャルパーソナリティ」企画は番組50周年記念企画の一環で、これを機に、さらに多くの方に番組を知り、聴いてもらいたいという思いから、幅広い層に好感度の高いタレントを毎月1名、起用。1月に磯山さやか、2月に島崎和歌子、3月に はるな愛、4月に中村静香、5月に声優の豊田萌絵、6月に平野ノラ、7月に雛形あきこ、8月に吉木りさがパーソナリティを務め、今回の須田亜香里が9人目となる。

1日だけのスペシャルパーソナリティ企画は、過去には、1982年に、伝説の歌手・美空ひばりさんが、本人たっての希望で挑戦したことがある。また40周年の2007年11月にも5人のアーティストが日替わりでパーソナリティを務めた。


【番組概要】
■番組タイトル:『日野ミッドナイトグラフィティ  走れ!歌謡曲』
■放送日時:火曜~土曜 午前3時00分~5時00分(月曜~金曜 27時00分~29時00分)
■レギュラーパーソナリティ:(火)山田真以(水)室照美(木)佐藤千晶(金)遠海まりこ(土)小林奈々絵
※(水)は10月より五戸美樹が担当
須田亜香里出演日時:2018年9月25日(火)午前3時00分~5時00分(9月24日(金)27時~29時)

この記事の画像一覧 (全 2件)