欅坂46平手友梨奈 砂漠にポツン、過酷なCM撮影でプロ根性みせる

アイドル 公開日:2018/09/07 15
この記事を
クリップ
}/

ヤクルトは、のむヨーグルト「ミルミル」「ミルミルS」のパッケージデザインを刷新し、8年ぶりに新TVCMを放映する。本CMでは、成長著しく、復活後の活動が期待されている若手ナンバーワンアイドル、「欅坂46」の平手友梨奈が登場する。

本CMは、広大な白砂漠の中、平手がポツンとひとりで立つシーンから始まる。そんな平手の手にはミルミルが。ミルミルを飲む平手の力強い視線は、今回のCMコンセプトである「強く、美しく、生きる」を表現しており、平手さんにしか出せない力強い表情や佇まいを見ることができる。





撮影は、アメリカ・ニューメキシコ州の「ホワイト・サンズ・ナショナル・モニュメント」で行われ、平手さんにとっては初の海外でのCM撮影となった。40度近い気温の砂漠地帯という過酷なロケーションのなか行われ、40度近い気温の砂漠地帯で、日影はスタッフが立てたテントのみ。車はもちろん入れない。撮影機材は人力で運ぶしかない、そんな場所で撮影は行われた。

立っているだけでも汗がしたたり落ちるほどの暑さの中、平手はカメラから遠く離れた場所にたった一人で立ち、力強く凛とした美しさを体現。ハードな撮影スケジュールと暑さで、現場は険しい雰囲気が続く場面もあった。そんな状況でも、平手は監督に細かく演技指導を受けるなど、プロ根性を見せていた。撮影終了後は、おもわず笑みがこぼれ、平手本人にとっても会心の出来栄えになった。一日半かけて撮影した本CMは、平手の力強いまなざしがなによりも特徴的な映像になっている。

この記事の画像一覧