劇場版ゴキゲン帝国 白幡いちほが会社設立、アイドル界初の取締役会長に就任

アイドル 公開日:2018/09/03 15
この記事を
クリップ

セルフプロデュースアイドル『劇場版ゴキゲン帝国』リーダー白幡いちほが音楽プロダクションを設立しアイドル界初の取締役会長に就任した。

楽曲プロデュース・歌詞・振付・ライブブッキング・媒体営業・経理・確定申告と運営の全てを自分たちでおこなう完全セルフプロデュースアイドル『劇場版ゴキゲン帝国』のリーダー(社長業)を務める白幡(しらはた)いちほは、グループ結成2周年記念日の2018年9月3日に株式会社GOKIGEN JAPAN(ゴキゲンジャパン)を設立。本格的に音楽プロダクションとして独立する。

そして2018年7月のワンマンライブで宣言した「2021年に武道館公演」を実現と、その他の新たなる音楽ビジネスの展開を進めるため、社長業をスタッフに託し、全体を俯瞰でコントロールする「会長業」にシフトすることを決定した。

アイドル界としては初の「取締役会長兼プレイヤー」としてステージ活動はそのままに2019年から「楽曲の無料化」「ライブチケットの年間パスポート販売」将来的に「ファンの老後を支える老人ホームの設営」など従来の音楽ビジネスとは一線を画したプランに取り組んで行く予定という。




【白幡いちほからのコメント】
この度、株式会社GOKIGEN JAPANの取締役会長に就任いたしました白幡いちほです。風呂無し3万円のアパートに住んでいた元芸人の私がまさかアイドルとしてグループの夢を叶えるために会社を設立することになるとは思いませんでした。神が私に容姿の可愛らしさ、ステージングだけに飽き足らずビジネスの才能と人望とカリスマ性までもを与えたもうた…というのはさておき、ひとえに支えてくれる周りの人やメンバー、ファンの皆様のおかげでございます。2021年に掲げた「武道館ワンマン」そして楽曲の完全無料化や、ライブ年間パスポート、ファンの方が集えるような飲食店経営、ファンの老後を支える老人ホームの設営などやりたいことは山ほどあります。私は「アイドル」と名乗っていますがこれからもその枠にとらわれることなく、1人の人として誰かを笑顔にする方法を模索し実現していきたいと思います。


―会長としての意気込み

アイドル会初の会長就任!今後もアイドルという枠に囚われず革命を起こして行きたいと思います!決して楽な道のりではありませんでしたが、やっとスタートという気持ちです!スタート地点に立つまですごく遠回りしてしまったので、ここまで連れてきてくれた人に感謝を忘れず驕ることなく、ここから先は全速力で駆け抜けたいと思います!


―会社設立を決意したきっかけ

社長業を1人で2年間やってきて、クリエイティブなことに割ける時間や演者としてのスキルアップの時間が1人では限界があるなと感じました。今後は人に任せることを覚え、事務作業やマネージメントをスタッフに任せつつ2021年の武道館公演に向けて劇場版ゴキゲン帝国のさらなるスキルアップに励みます!


―メンバーへの思い

いつもめちゃくちゃなことを急に言ったり、時に厳しいことも言ったりするけど、メンバー1人1人の個性とポテンシャルを信じています。2021年の武道館に行くために今までよりもはやく走り続けなければならないので、大変なことも増えると思うけど、ゴキ帝をみんながやりたいことをやれる場所にしたいのでこれからもよろしくお願いします!

※本記事は掲載時点の情報です。