AKB48 Team TP、移籍の阿部マリアはじめメンバー35名がお披露目

アイドル 公開日:2018/08/26 11
この記事を
クリップ
}/

8月26日(日)、第4回Touch The Japan in台湾にて「AKB48 Team TP」第1期生メンバー35名がお披露目された。

2018年7月30日、TPE48運営会社及びTPE48ライセンス契約の解約を発表。また新たな台湾現地法人「阿克斯娯楽有限公司」に対して「AKB48 Team
TP」の運営権をライセンスし、今後は「AKB48 Team TP」が台湾における公式姉妹グループとなって、再スタートする事となった。それに伴い、8月26日、AKB48にとって7つ目の海外姉妹グループとなる「AKB48 Team TP」の発足および第1期生メンバー35名のお披露目を行った。





朝からAKB48 Team TPメンバーを一目見ようと多くのファンが集まり、会場は超満員。AKB48 overtureを皮切りに元AKB48の阿部マリアを含む正規メンバーが登場。鳴り止まぬ拍手と歓声の中、記念すべき1曲目として披露したのは『会いたかった』の中国語バージョン。続けて『ヘビーローテーション』『恋するフォーチュンクッキー』『桜の花びらたち』と、計4曲の中国語バージョンをファンの前で披露した。

元AKB48の阿部マリアは、「昨年11月にAKB48としての最後の劇場公演を終えてから、今までずっと歌いたくて踊りたくてたまりませんでした。この半年間でメンバーともコミュニケーションを交わせるようにもなり準備万端。いざ出陣!という気持ちで、期待してくださっているファンの皆さんと、TeamTPのはじまりを楽しみたいと思います!」とコメント。

また現地人気の高い邱品涵(チウピンハン)は、「待ちに待ったこのステージで、これまでずっと支えて来てくれたファンを前にした瞬間、とても感動しました。ファンのみんなと、夢を共に追い続ける仲間に感謝の気持ちでいっぱいです。これまで色々ありましたが、だからこそこれからの一つ一つのステージを大事にしたいです!私たちTeamTPは、未来に向かって成長し続けます。」と今度の飛躍を力強く誓った。

また、AKB48 TeamTPの運営責任者として台湾の大物プロデューサー陳子鴻氏の就任が発表。陳子鴻氏のもと、第1期生メンバー35名(正規メンバー12名、研究生23名)は、今後メディアやイベントに出演しつつ、シングルデビューや劇場公演を目指していく。

AKB48 Team TP

この記事の画像一覧